『小さなダイエットの習慣』を読んで痩せ思考になる

表紙かわいい 痩せるには生活習慣と性根を変える必要があると思い読みました。「~を食べてはいけない」とか「~してはいけない」なんていう締め付けはストレスになって長続きしないと書いてあり納得。簡単に・忙しくても・続けられる習慣を持つことで健康的…

バカとつき合うな:意識を高めたい人におすすめの入門本

ホリエモンとキンコン西野の共著。 交互にそれぞれの視点から『〇〇なバカ』について書かれている。 各バカには最後にまとめがあって、読書が苦手でも読み切ることができる。 // リンク とかく読みやすい この本は、『学校教育はバカ養成所』とも言うような…

お酒で失敗しないように本を4冊読んだ

飲みすぎることがないようにアル中関係、お酒の失敗談な本を読んだ。 kzmtkwn.hatenablog.com 断酒!なんてことはできず飲んでいるけど、あれから粗相はしていない。 味が苦手な芋焼酎にすると酔いすぎないことを発見した。 ジュース系・炭酸系は量飲めるか…

【ゆる感想】0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書

生き続けている限り学ばなければならない、その学びを教えるにはどうすればいいか、といった内容が書いてあります。 文章が読みやすく、文字も大きいので一気に読み進められました。 物理や情緒、アート、環境、など知らない分野の話が常にあるので、とっつ…

自分で決めたなら悩まなくていい『産まないことは「逃げ」ですか?』感想

吉田潮著『産まないことは「逃げ」ですか?』を読みました。 「逃げじゃないよ!!」って言ってもらうがために苦しんでる人へ書かれた本なのかな~?と思って読みましたが・・・(ひねくれてるので) 人生で絶対まとわりつく結婚や妊娠との距離の取り方、付…

柴門ふみ著「結婚の嘘」感想:なんとなく抱いていた妄信から脱却するきっかけになる1冊

柴門ふみ著「結婚の嘘」読みました。 過激なタイトルですよね。どきどきします。 私は未婚ですけど、「結婚は勢いでするもの」という意味がわかってきた頃です。 考え始めるとキリがなくなる結婚。 想像と現実のギャップが大きすぎて、こんなはずじゃなかっ…

ちきりん著「多眼思考」感想:考え方に複雑さを持たせてくれる

多眼思考を読みました。内容はちきりんさんの厳選ツイート集でした。 話題やその内容は満遍なく語られていて、ちきりんさんの思考を背中から見るようなつくりになっています。 私は、「これから何かをしなきゃいけないだろうけど何をすべきかわからない」情…

西原 理恵子著「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと」やさしい本だった

「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと」読みました。 生きていくうえで何を大事にするべきか、失敗してからどうするか、自分がどう考え行動していくか、のヒントがまんべんに書いてあり良かったです。 むずかしいことは書いてありません。 西原…