1000円カットの良さ

私は2年くらい1000円カットに通っている。ちなみに31歳女性である。

「1000円カットってどうなの・・・」ともじもじしてる人、もったいないので早く行ったほうがいい。「女で1000円カット行ってる人初めて見たw」に負けない気持ちがあれば大丈夫だから。

 

いまだに男性・子供向けのように思われてる1000円カット。ちゃんと読めば「女性もOK!」など嬉しいことを言ってくれているお店もある。

私が通ってるのはここ。店舗数も少なく伸びしろを感じる。

avanti1000.com

「女性OK!」って言ってるんだからいいでしょ!なものの、初めて入ったときはさすがに緊張した。

入店してすぐ券売機。もちろん1000円を入れるためのだ。(税別なので実は1100円カット)ほんとうはペイペイか楽天ペイを入れてほしいけど、逆に入れてほしくない気持ちもある。1000円カットはシンプルだから。余計なシステムを入れたらその分価格が上がってしまう。

 

券を取ったら愛想のないイスで待機する。

同世代女子なんているはずもなく、サラリーマンが多い。会社帰りに行ってばっかりだからかもしれない。子供もよくいる。呼ばれて着席。美容院の、いつもの前掛けをかぶる。注文はシンプルに。こだわらず簡潔に言うようにしている。店内のラジオにぼんやりしてると15分~20分があっという間に過ぎてもうおしまい。掃除機のようなもので残り毛を吸われて退店。

この流れ作業が私は好きだ。

 

1000円カットの良いところはいくつかあるけど、気に入っているのは電話や受付で美容師が右往左往しないこと。ずっと自分に張り付いてろ!とは思わないけど、従来の美容院は無駄に待たされることが多かった。それがまったくないのはありがたいことで、入店して・カットして・帰る!が明確で気持ちがいい。

その次に良いところは美容師との会話が発生しないこと。最高。初めて会った美容師と会話弾むってすごいことで、私は残念ながらそっち側の人間ではなかった。先月カラーのために美容院に行ったら開幕「私イルミネーション行くんですー」が始まって死んだ。ネット予約の段階で『静かに』希望してるのは何も意味がないことなんだよな!しかも他の客と美容師がすごい盛り上がってると、その過ごし方が主流のように思えて自分が馴染めない微妙な気持ちにもなるよね。

1000円カットのその他に良いところは安いこと。今更?って感じだけどこんなに良くしてもらってるのに1000円なんですか!?ありがとうございます!!という気持ちでいっぱいになる。感謝感謝。

 

通う場所としては、あまり目立たない場所にあるお店が良い。1000円カットは新興なのできれいなテナントが多いんじゃないかな。いくら1000円カットの回転率が高いといっても来客数が多ければ待つことになる。大通りにあるQBハウスは土日だと店外に行列ができてしまっているが、それに並んでるようだと1000円カットのメリットが薄れてしまう。

 

1000円カットは逆に腕が良い説をよく見る。けど、私は美容師の腕前にどうこう感じたことがないので良し悪しがまったくわからん。かといって「あ、それ1000円カットで切ったんでしょ」とも言われたことはない。だから誰もわかんないんだと思う。よっぽどへんてこな髪型じゃなければ、人の印象って髪のツヤとセットで決まるんじゃないかな、たぶん。1000円カットって恥ずかしいことじゃないよ。

 

私が求めてた美容室が1000円で叶うのが嬉しくてしょうがない。サービスとは、やってあげるだけではなくて引き算もしてバランスをとることなんだと思う。

たとえ1000円カットが3000円になっても通いたい。なくならないでくれ、1000円カット。