芸能人の不倫騒動について

東出君の不倫について。

私も『東出君』と呼ぶ程度にちょっとした好感度は抱いていたし、杏との間には双子ともう一人子供がいるのも知っていたし、その杏の父親の不倫もあったことも知っていたので報道を見た時には「えぇっ」という声が出た。

初報から、双子の育児が必要な時期に・妊娠中の不倫で・妻の家庭環境の配慮もない・ことが明らかだったのでもうこれは本当にひどいことだと思った。家族やってく中で一番協力し合わなければいけないのも東出君はわからないのか!とがっかりしたし、鬼畜の所業じゃん。どうしても自分に置き換えたら・・・と考えてしまうし、許したくない!という感情になるのも自然じゃないかな。

続報として出た不倫相手の匂わせインスタもまた巧妙に感情を揺さぶってくるものだった。若さでもって恐れのないマウント、ヒロインぶるストーリー、「この女~~~!」と思わせるものを持っていたから炎上し続けているんだろう。

 

報道から日が経つと問題提起記事も出てくる。

dot.asahi.com

不倫が夫婦間で重大なことであるのは身を持って知っているし、その通りなんですが、夫婦以外の人間が一斉にそれを叩き、本人たちのCMが打ち切りになり、ドラマがお蔵入りになり、SNSが削除され、社会から抹殺されていくような世の中に僕は気持ち悪さを感じてしまいます。

 結局、幸せの絶頂に見えたり、仕事が順風満帆そうな人が、転落していくところを見たいだけなんでしょう。好感度が高かったから衝撃が大きかったとも言われていますが、その好感度だって見た目や雰囲気から都合のいい部分だけを切り取って、あなたたちが勝手に決めたものでしょう!と思う。普段のその人と違う部分があったからって、裏切られたと思うのって違うと思いませんか。

言いたいことはわかるけど、『世間の声』として煽ってるのはワイドショーとか週刊誌とかネットメディアなんだから一般大衆が寄ってたかって引きずり降ろそうとしてる印象操作は良くない。だいたい『ネットで話題』になってることにどれほど価値があるのかというと、私はさほどないと思っている。個々人がSNSアカウントを1つ2つ持ってるのは当たり前で、それが私と同じようにニュースを見てリアクションした結果の集合体なだけなんだから影響力なんて微々たるもんじゃないのかな。(あの人が言ってたからそうなんだ!的な影響)その集合体にビビったスポンサーや広告代理店や芸能事務所がコンプライアンスの錦旗でCMを取りやめたりして賠償が発生しているわけで。取りやめる判断をした責任者に向かって言えばいいのに「悪いのは騒ぎすぎる一般人」ということにされてしまうのは遺憾。

「他人の家庭なんて当事者同士だけでやればいいんだから外野は関係ない」のはもちろんだけど、「彼が好きだからこの商品を買おう」狙いでCMや番組出演がある以上どうこう言われるのは仕方ないんじゃないか。言われたくないのであれば芸以外の露出はできなくなってしまうけど。

寝ても覚めても

寝ても覚めても

  • 発売日: 2019/03/06
  • メディア: Prime Video
 

 

・・・・・・

恋人同士の関係が良くて結婚しても結婚生活が長くなることでお互いの気持ちが変わるのは当たり前なことだ。そのくせ不倫・風俗は良くないこととされているのは縛られているようで不幸なことなのかな、とも思う。好きな人と一生添い遂げることって難しいことだし美しいとされているけど、できて当たり前なことでもない。「そういうもん」と捉えられたら楽になれるけど、その前には不倫されても苦しくならない世間になる必要がある。そう思うと簡単にできることではないし、不貞コンテンツは生涯消費されていくだけのものなんだろう。