『小さなダイエットの習慣』を読んで痩せ思考になる

f:id:kzmtkwn:20200625125936j:plain

表紙かわいい

痩せるには生活習慣と性根を変える必要があると思い読みました。「~を食べてはいけない」とか「~してはいけない」なんていう締め付けはストレスになって長続きしないと書いてあり納得。簡単に・忙しくても・続けられる習慣を持つことで健康的な生活を維持できるそう。何事においても継続が難しいのは痛いほどわかっているけど、面倒で辛い継続と真正面から向き合う本でした。

 

自分がやりたいからやっている気を持つ

作中の 『ダイエットをするな』である通り、自分を『ダイエット中』という属性にすると自分の意思と離れてしまう、というのは納得。「いまダイエット中だからお菓子食べれないんだー」とか「お酒飲めないんだー」とか言うと、やらされてるストレスになって解放されたいがために食べたり飲んでしまうと。だから「私はお菓子を食べない」「お酒よりお茶を飲みたい」とか自分がしたいからする、という心持ちでいないと習慣を変えることは難しい。なるほど。

私もポテチ、フライドポテト断ちをしているもののまだ辛さはない。この間食べたけど、後悔というより「わざわざ食べたいものでもないなあ」と思ったのが意外だった。これだったらフルーツのほうが栄養あるし満足感あるし贅沢だよな~と切り替えられれば『自分で選んだ』ことになって良い循環になりそう。

私の痩せ目標にはこの章が一番効いたかもしれないです。

 

きれいに平らげることを自分に強いてはならない

ぐさー。自分の分は自分で食べるのが正義だと思って生きていたのでこれは本当に変えないといけないなと。でもやっぱり自分に出されたものを残すのは抵抗があるので自然と自炊派になりそう。残して捨てるのは忍びないから、冷蔵庫にしまったり冷凍したり…保存の方法も知ってると良いよね。

 

・実際にできる小さな習慣

きんにくんの世界一簡単な筋トレ動画がぴったりじゃないかと。7分過ぎから本編。ストレッチに近くてやってると体がすっきりするし、気まぐれにもっと効かせようとして気分が乗ってくるしで始めるとやる気になる、が簡単に実践できる。


【自宅で筋トレ】世界で一番楽な筋トレ9種目です。家で出来る肩こり解消、腰痛改善、運動不足解消、ストレス解消などなどの簡単な運動です。

 

 

痩せ生活はどのくらいの期間どんな効果があるかまるでわからないけど、とにかく続けないと意味がないので気の遠くなるような計画だけど、かなり参考になる本でした。