攻めた公共広告が炎上した話(献血の件)

f:id:kzmtkwn:20191019160742j:plain

「宇崎ちゃんは遊びたい」×献血コラボキャンペーン実施!

 献血の漫画コラボが性的で不適切だと炎上した。 

私もこの絵に関して、「なんかイヤだな・・・」という気持ちになった。

この”なんか”がどうしても言葉にできなくてここ3日くらい悶々としていた。

うっとりして赤らんだ顔や二次元独特のデフォルメおっぱい、ぴったり着衣は煽情的だと思う。

私自身日常の中で不意に煽情されても嬉しくないので、ありがた迷惑というか「で?」となってしまう。

なので今回の広告ターゲットは漫画のファン、ないし男性・・・なのだろうと推測する。

さらに言えば乳袋的表現と知らないキャラクターの合わせ技で、エロ売りの深夜アニメかな?とも考える。(だからダメということではない)

 

私が好きじゃないからイヤと思う?だったら見なければいいし、これまでもそうしてきたはずなのになぜもやもや。

note.mu

年代で『萌え絵』の受け取り方が違うものだ、という話はわかる。

確かに私が10代の頃は漫画・アニメ好きは軽蔑こそされないものの陰の者の趣味という雰囲気で、20代に近くなってからだいぶ市民権を得たように感じる。

現在もラノベやそれらしいアニメは深いほうのオタクが主に楽しむもの、と未だに思っている。

デフォルメ表現も、明らかに子供の容姿だが設定は大人、とか局部さえ見えなければ着衣、とか貧乳いじりとか、その界隈ではまかり通るものでも外野からすれば違和感でしかない。

今回の違和感に該当するのは、画面の半分を占める乳袋型おっぱいだろう。

このような描かれ方は今でこそ珍しくはないが、私にとっては下品なエロ漫画で用いられる手法。

実際体におっぱいがあって良いと思ったことはこれまでないので、安直にポジティブなおっぱいは受け入れがたい部分もあるのかなと思う。

これら『私にとっては』がやっかいで、これこそ人によるものでしかない。

 

声の大きい人に合わせていたら何もできなくなるので、広告を取り下げない判断をした赤十字は支持したい。

ただ、こちらで言われているように今後の広告のあり方については考える余地があるんじゃないかと。

anond.hatelabo.jp

 

漫画、アニメ、ゲームがかなり一般化してたが、その中でも規制のゆるいおっぱい(揺れ)の描かれ方には、今回と同様に「ちょっとイヤだな」と思うものが多い。

not for me精神で避ければいいけど、目につく回数が多くなったり公共機関の広告になってしまうと、風土として定着してしまう懸念がある。

色っぽい広告は目を引く。節度の加減がかなり微妙な世の中なんだと思った。

 

 

ちなみに私は献血すごい好きです。
kzmtkwn.hatenablog.com

 

おわり。