ふるさと納税はするべき。

ふるさと納税はするべき。(何度でも言う)

手取り15万でも1万3千円浮かせることができるので本当におすすめ。

社会人で会社に年末調整してもらってる人は絶対にやったほうがいいです。

処理も簡単で、品物が届いたら書類1枚に情報書いて返送するだけ。(ワンストップ特例制度という)

これだけの手間で何千円も浮くのは異常とも思う。

やったことない人、制度が終わる前に始めておくべきです。

 

1.可能金額を知る

ふるさと納税の節税可能額は自分の給料で決まる。

このページから1年の給料(年金とか引かれる前の金額)を入れると金額がわかる。

furunavi.jp

ちなみに私は200万なので1万5千円までできる。

ふるさと納税はだいたい5千円刻みなので大台に乗ってて良かった。

不安だったりよくわかんない人は1万円の寄付で様子を見てはどうかなと思います。

 

2.寄付先を選ぶ

ふるさと納税も国家プロジェクトで中間手数料がおいしいのか、手続きサイトがたくさんある。

3つ挙げてみる。

楽天市場ふるさと納税ページから買う

↑このうなぎ美味しかった。

ただでさえ〇万円のものが2千円で済むのに、支払った〇万円に対して楽天ポイントがもらえるのでうまい。

楽天会員なら登録とか要らなくて普通の買い物感覚で納税できる。(カード名義、納税名義は同じじゃないとだめ)

楽天カードは作りやすいし経済圏が発達しているしアプリも充実しているので、作って損ないです。

作ろうかな?という人はぜひ⇒年会費永年無料の楽天カード

 

さとふる

ふるさと納税【さとふる】認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

CMもバシバシやってる最大手。

だけあって利用者も桁違いに多くてレビューも大量にある。

マイページ機能で品物の配送状況とか書類の ダウンロードもできる。

至れり尽くせり専門サイト。

 

ふるなび 

ふるさと納税サイト【ふるなび】お得な返礼品がすぐ見つかる!

新興サイト。期間限定キャンペーンとか、レビューで細かくアマギフもらえるのでおいしい。

返礼品を選ぶ時間はないけど納税処理だけしちゃいたい人には『ふるなびカタログ』でポイントに交換できる。

対象自治体は少ないけど、年末も近いので助かる人もいるはず。

 

3.寄付する

サイトに従って手続きをする。2千円負担とわかりつつも万円単位の買い物はダメージになる。

メアド・住所・名義・クレカに誤りがないか気を付ける。

人気の品物だと〇ヶ月待ちが当たり前にある。すぐ欲しいもの、待ってもいいものかと発送時期は要確認。

 

4.郵便で書類を受け取り返送する

品物とは別で、郵便で大事な書類が届く。

マイナンバーやら名前やら住所やら書いて返送。この処理は年末までにやること。

マイナンバーカードがあるとらくちん。来年にはマイナンバーカードでポイントキャンペーンを国がするので早めに発行しておくのがおすすめ。

 

5.来年度の住民税が安くなる

住民税が控除される時期は、ふるさと納税を行なった時期によって決まっており、実際に控除額を確認できるのは、ふるさと納税を行った翌年の6月頃に住民税の通知を受け取るときとなります。

ふるさと納税で住民税がこれだけ安くなる!控除の仕組みと計算方法について | ふるさと納税サイト「ふるなび」

前年度の給与明細と比べると減っているのがわかる。

 

6.おわり

やってみれば簡単で早めにやっておくにこしたことはないです。

選ぶのが大変かもしれないけど、お米、肉、酒なんかはいつも使うものにすればいい。

地酒とかは当たりはずれがあるのでレビューを見たほうがいいし、うなぎはおいしい。

今年のふるさと納税本麒麟にしてしまったけど大満足してる。 

kzmtkwn.hatenablog.com

終わる前に急げ!