女性だって体毛は生えるさ

 ジャヌヘアリーの画像を見た時、「すてき!」と思いました。
youpouch.com

『体毛がある女性』を見る機会があまりないから見慣れなくて違和感はあるけど、違和感があることこそおかしいんじゃないか?と考えるきっかけになる。

 

男性の増田

anond.hatelabo.jp

誰がかけてるんだろうね?

思い返せば私が体毛を気にしだしたのは小学6年生ごろだった。ぼーぼーだった足の毛を家にあったカミソリで処理して悦に入ってたけど、布団に隠してたらバレて怒られたんだった。(危ないから)聞かれてもないのに「ツルツルでしょ!」とか言って見せつけてた記憶がある。しょーもないね。

 

人間は成長すると毛が生えて目立つようになるのが年頃になって気になりだして、どうすればいいかの答えは「処理」一択だからそれが圧といえば圧なのかも。幼少期~思春期の成長とデリカシーのなさが悪魔合体して「ムダ毛は恥ずかしいもの!」と刷り込まれるのは自然なこと。

普段目にする広告で腕毛すね毛が生えたまんまの女性はいない。イコール女性はそういうもの、と信じてしまう人も多いだろうし、男性なんかは女性に対してファンタジーを感じたい部分もあるだろうから拍車がかかる。体毛にしても生理にしても、女性が苦労を見せないよう完璧にやってきたからこそ首が締まってきてるんだと思う。だから生理つらい!つわりやばい!脱毛めんどい!子供かわいくない!とかっていう、井戸端でしか話されなかったことが可視化された結果男性が驚くのも無理はないしちょっとかわいそうな感じもする。

 

圧力は誰がかけているのか?については、社会だし女性だし男性だと思う。「みんな処理してるよ」と吹聴する美容広告、脱毛は身だしなみとして信じてやまない女性、女性に毛が生えると思ってもない男性。〇〇ハラスメントのように大人になってから言われることはないけど、学生時代の感覚形成には十分外圧がある。だけど「脱毛を強制されてる!」と言い切れるものでもなく、私自身美的感覚として腋毛腕毛すね毛ひげ指毛があると美しくないと感じるし、半永久的に処理しないといけないなら手段として美容脱毛は良い選択肢だ。体毛処理は「めんどいけど仕方ないからやってる」人が多いんじゃないかな。男性に腕毛が生えててもどうも思わないけど、女性が同じ状態だと「そうなのね・・・」と思ってしまうのはつり合いが取れてない環境と言えると思う。

 

ジャヌヘアリーの人たちは『処理しない姿』を美しく晒している。自分が同じようにするかどうかは別だけど、その堂々としたメッセージ性には惹かれるものがある。この運動が進んだら、それこそ『すっぴん風メイク』のように『無処理風の体毛』がトレンドになるかもしれない。今考えるとおもしろトレンドだけど、何年後かには本当になってるかもしれないし私もやってるかもしれない。新しいことを始めると否定されるのは当然だけど、今まで当たり前と思っていたことから解放されたければ始めた人を応援するべきだと思った。