ドラマ『M 愛すべき人がいて』にハマる

毎シーン笑える。1話から掴まれすぎて無理。自己紹介のときに「アユです」はやばいし、夜空に虹はかからんし、田中みな実はクドい。

アユはしゃべり方を本人に寄せてる?というか、たまに「芦田愛菜だお!」が出てきそうな口調で笑ってしまう。1話の中で歌唱シーンがあって良かった。あれを観て「歌で選んだのか」とわかるから。にしても本人と似ている。なっちにも似ている。線が細くて目が大きくてよく探してきたなあと思う。

 

大麻の文春報道で話題作りしたり、ドラマ内にえぐいほどエイベックスの宣伝ぶち込んだり、白濱亜嵐君(アイドル)でファンを釣ったり、やっぱり商法の古臭さが否めない。田中みな実の演技やインパクトのあるセリフはまあ話題になりやすいが、会議で資料を机で滑らせて渡すとか、マサのクセがつよい拳の握りしめとか、細かい演出のセンスがすごく好きなのでこのまま全話放送してほしい。少女漫画を実写化したかのような映像で感動する。マサが顎クイーしたシーンで「おもしれー女」の言葉を待ってたときが1話で一番テンション上がってた。

 

主役はアユだけど、作中で「あのMAXマサが!」と言わせたり、似てるわけでもない三浦翔平にオラつかせたキムタク演技をさせる松浦氏のほうがやべーと思う。秘書の田中みな実とは恐らく秘書以上の関係があるけど当たり前に不倫関係で無理だから全然かっこよくないけど、マサはそれでええんか…。

 

abemaでぜひ。

abema.tv