M-1グランプリ2020 感想

面白かった。

お笑いマニアってほどじゃないしこういう時だけはしゃぐのもにわかだけど、まー楽しめました。準決勝待ちの間敗者復活戦を観てたら投票時間過ぎてしまってあほだった。ゆにばーすに申し訳ない。

 

ゆにばーすのマッチングアプリの相手が相方だったネタ、すごい良い感じにテレビナイズされてて勢いも感じたし、すばらしかった。テレビでやれたら絶対話題になってたと思う。結果、インディアンスが勝ち上がっていったが、ゆにばーすの方がぺこぱより点数高くて安心した。そうだよな・・・!


ゆにばーす【敗者復活戦ネタ】〈出番順12〉M-1グランプリ2020

そして金属バットの「ほんでな」みたいな漫才に和んだ。

 

準決勝、インディアンスがトップバッターでついさっきみた漫才をまた見るような感じになってしまい・・・言い間違いとかその場っぽいやつは台本だったのねーと理解。アスリートみが強くて笑うというより圧倒された。ハモるやつ笑った。

 

ネタの中では東京ホテイソンが一番好きかも。「最後の文字は忘れちゃったから自分で繋げられないけど何だったか・・・?!」という期待と単語のばからしさとテンポで笑ってしまう。巨人の「難しすぎる」評はほんとその通りだと思ったけど、見てる人の気持ちとか展開を考えて察してお笑い作るのって大変なんだな。アンミカドラゴンとなんとかスコスコみたいなやつ笑った。

 

他、オズワルドの「雑魚寿司」はの意地悪的確さと、ニューヨークの「今どき漫画無料で読める」は突いてきた感じがして印象に残ってる。

マヂカルラブリーは全力でボケる野田を見る会のようでいて、見てる人みんなが「同じポイントを面白いと感じてるね」とわかりあってるような、文章にしづらいんだけどとんがって突き抜けてるからこそ強くワールドに引き込まれたのかなー。しょんべんのとこな。

 

決勝は本当に三者三様で、見取り図かマヂラブかなあと思っていたけど、優勝に納得。一番笑ったし、会場も笑ってたと思う。技術とか漫才中に何をしていたかとかっていうのは、終わってから解説を聞かないと素人にはわからないけど、「ばかばかしー笑ったー」みたいな気持ちになったのはマヂラブが一番。そういう気持ちになるのは生放送で見てたからかもしれない。後で動画だけ見ても寒いだけだろうな。

 

なんとなく見た紅しょうがが面白くて、注目していきたい。熊プロさんの「女子ー」気持ちいい。ブスですよー笑ってーとかじゃなくて、ブスを道具にする笑いなのが楽しいし実際そんなにブスでもないのがいい。売れると思う。

youtu.be