【Netflix】全裸監督:国産ドラマの挑戦作。一介の会社員から破天荒なAV監督へ。

想像を超えてクオリティが高く夢中になって一気見した。

The Naked Director | Netflix Official Site

 

ハメ撮りの帝王こと村西とおるが、ビニ本から始まりエロで成り上がっていく様を描いた作品。

ビニ本てこのことか!と理解したり、AVって挿れてなかったっけ?と混乱したり。

エロ業界の進化もなぞられていて学びもある。

話のテンポも良く、金とセックス、たまに暴力が続くので刺激的で楽しい。

 

1話の、うだつのあがらない村西がトップ営業マンになるまではちょっと退屈。

妻の不倫を目の当たりにし一家崩壊後、エロを商売にする!と奮起してから本番。

裏で流通していたビニ本を街中の本屋に普及させたり、違法の無修正本を製作したりする。

努力とアイデアで市場を開いていくが、やってることは褒められることではない。

のちに伝説のAV女優黒木香と出会うが、その間に2人の女性を不幸な目に遭わせている。

恐らく実際には、泣かされた人が多くいるんだろうと思わずにはいられなかった。

 

出演者の演技力が異常に高い

前情報を入れず観たので、出演者の豪華さに驚いた。

山田孝之満島真之介…わかる。

玉山鉄二…おお、ダサいのが似合ってる格好がすごいな。

吉田鋼太郎…?!ヤクザ役こええ。

小雪…え?!あ、出るの?!!すごい、役も良い小雪のやつだ。

リリーフランキー…つっよ。

ピエール瀧…うわああ!!いい人の方の役良い!

本編を観ながら出演者が玉突きで明らかになるので、こんな人も出るのかー!と楽しんだ。

ヤクザ役の國村隼は、真意の食えなさっぷりが深く怖くてとにかく関わりたくない人だったし、メイク役の伊藤沙莉は頼りにしていいお姉さんがキマりすぎていてサファイア映像のファミリー感の根幹になっていた。

出演者の全員が役の人物であって、違和感がないのがとても良かった。

 

黒木香の魅力が抜きん出ている

本作は村西パートと黒木香パートが並行して存在している。

2人が出会うのは黒木香が大学生になってから。

それまで受けていた窮屈な母親の教育から抜け出し、自分が自分たらしめるためにAV女優を希望する様子は輝く未来が想像できたし、カタルシスを感じた。

本編の中に軸が2本あるのは観てて気持ちもぶれるし好きじゃないけど、全裸監督の作りは上手だったんだと思う。

 

とにかくこの黒木香がすごい。

エロが好き、わき毛も剃らず、博学で口が立つ。

個性の塊なんだけど、信念の上に行動していることがわかるからすべてに説得力がある。

(実在しているというのも加点になってるかも)

セックスシーンは強烈で体当たりとかいうレベルではない。

感度をほら貝の笛で表現しているためシリアスなのに笑える名シーンになっていた。

演技力なのか演出力なのかはわからないけど、とにかく森田望智はすごい。大成してほしい。

 

 

f:id:kzmtkwn:20190812114810p:plain

 

ここまでつらつら書いたけど、エロくてすごいから観て!だけ言えばいちばん効果があるんじゃないかと思った。

シーズン2を座して待つ。

おわり。