売ることを考えて家を買うといいらしい。『終の棲家を選ぶ』という感覚は捨てた。

f:id:kzmtkwn:20190911170858j:plain

猫が飼いたいから家を買う。

きっかけはこちら

kzmtkwn.hatenablog.com

 

 

何から勉強したらいいのかわからないので、図書館でそれらしい本を借りる。

東京で家を買うなら。

アマゾンレビューも良く、実際に読んで良かった。

不動産購入の際に気を付けることがまんべんなく書いてあって、『はじめて』の人にはぴったりな内容だった。

「家か~、やっぱり買うなら将来を考えて4部屋は欲しいし、郊外の静かなところが良いかな!」なんて風に決めると損するかも、みたいな本。

住宅にかかる維持費、購入にかかる諸経費、団体信用生命保険、防災観点、などなど知らないことがまるっと書いてあり学びの深い本。

不動産は売るときのことも考えれば微赤字、ひいては黒字になるかも・・・らしい。

そんなうまい話ある?と思うけど、思考停止してたらもったいない。

都心に住み続けるつもりもなく、いずれ売ることを考えるとかなりお得!と気持ちが前向きに。

なにか事情があって貸したり売ったりする可能性もあるんだから、考えない理由がないとわかった。

 

住宅購入については(条件付きだけど)住む用に家を買えば税控除があったり、まあ国からも支援があるらしい。

金持ちの実家があれば、住宅購入費用の贈与税がかからないとか。

親族からもらえたらそりゃいいけど、「家買う金くれ!」とは私は言えないな。

 

それで、最初何からスタートするかというと、『予算』だと思った。

住宅ローンを組むことになるけど、いったいいくらまで借りられるんだろう??

それが決まらないと場所も何も選択肢にならない。

全然借りられなかったら郊外に住むしかないね。

 

つづく。