結婚して家を買うなら郊外か?それは仕事を辞めてまでやるべきことか?と災害について

f:id:kzmtkwn:20190918114148j:plain

ねこを飼いたいから家を買う。

前回

kzmtkwn.hatenablog.com

 

 

・・・・・ 

住宅ローンプラザに行くとして、給料を証明できるものを持って行ったほうがいいらしいが、用意がないので丸腰で行くことになると思う。

 

その間考えていたのは、私がいまの仕事を続けるかどうかだ。

いまの仕事は、毎日17時半に帰宅できるし給料も並のバイトより良い。

ボーナスはかなり寂しいけど出ることもある。人間関係も悪くない。

 

安くて広い郊外の家に引っ越して仕事をやめる?

高くて狭い近場の家に引っ越して仕事を続ける?

 

の2択。

うちは彼の仕事が柱なので、そこを変えないのが前提。

心配なのは、引っ越し先で仕事が見つかるのか?はては自分の人生はどうなるのか?というところ。

安定をわざわざ引っ掻き回すのはめんどくさいことだ。

 

もし私が友人からこんなような相談を受けたら、「仕事続けたら?」と言うだろうな。

現代では非正規雇用とか専業主婦がたいせつにされない。

見通しのない仕事観は無謀。後悔してからじゃ遅い。

 

 

ここまで考えて。

・引っ越し先を想定する郊外の求人がいかほどか

・引っ越し先地域や物件にときめくか

不安とは知らないから。知ったうえの不安は覚悟になる、と思い直す。

考えても不安にしかならないので、行動することが大事だとわかる。

 

 

・・・・・

そうこうしているうちに、どでかい台風がきて千葉に大損害が発生した。

www3.nhk.or.jp

被害にあった家にまだ人が住んでいるらしいのが驚き。

東京に近い関東圏でありながら、初動支援やメディア報道が目に見えて不足していた。

自治体の力が生死を分ける状態になっていて、日本の災害時対応に不安を感じた。

関東という大枠はすでに死んでいて、安心して生き残れる地域はもうごくわずかになっているんじゃないだろうか。

とすると、自分が生活基盤を置く場所というのが一番重要に思った。

そしてテレワーク可能な会社とスキルないしは不労所得

やることはまだまだあるんだな、、

 

おわり。