ピアノが楽しい!

ヤマハ音楽教室に通い出して3か月目。『はじめてピアノ』レッスンもだいぶ進んできた。

kzmtkwn.hatenablog.com

 

いまの課題曲は『チム・チム・チェリー』。郷愁のある音程がせつなくて好き。教科書に載ってるのはごく簡単な楽譜で、youtubeで調べると何段階も難しいパターンとそれよりもやばいくらい難しいパターンがあって「音楽って大変だ・・・」と初めて思った。

ヤマハが設ける課題は難易度が私にばっちりはまっていて、今回『チム・チム・チェリー』を始めた時はちょうど良すぎて震えた。右手と左手は別々を弾いているんだけど、音の重なりとかタイミングは曲の構成上予想できる範囲になっている。だから「つぎは1番でそのあと4番!」みたいな覚え方じゃなくても何か雰囲気で弾けたりする。理屈じゃないので回数をこなすしかなく、脳トレに近い。指をちょっと間違えただけで悔しい。できるようになりたい!と思う。

 

私は学生の頃、音ゲーにハマっていてポップンミュージックが大好きだった。1クレ100円でそれは大金をつぎ込んだ思い出がある。今ピアノを習ってるときに思うのは、曲間違えても落ちずにお得!!ということ。ゲーセンのゲームはミスが続いて落ちてしまうと次遊べるはずだったステージができなくなる。その記憶が深く刻み込まれている私は家でピアノが無限に練習できるのがとんでもないお得モードになってしまって、すごく上がる。錯覚でしかない感覚のおかげで練習のモチベーションが上がるなら、あんなにつぎ込んだお金はムダじゃなかったんだなとありがたい気持ちになる。

 

ネットで見れる無料のj-pop楽譜をやってみると、やっぱりめちゃめちゃ難しくて挫折してしまった。もし独学でやっていたらこのルートになっていたと思うと、教室に通っていて良かったし成功体験を積むことはすごい大事なんだとわかる。先生に褒めてもらうこと、まわりの生徒さんとコミュニケーションをとることで続けられるなら月5000円も高くはないと思える。

 

つぎの威風堂々もちょうど良く難しくて燃えている。