映画「ダークナイト」エンタメ作品としておもろい

f:id:kzmtkwn:20190506141303j:plain

 

 バットマンビギンズにつづいてダークナイト観ました。

kzmtkwn.hatenablog.com

 

 

2時間30分の長編映画

バットマン3部作の1作目と勘違いして、過去に観ていたのでした。

あらためて観てもやっぱり、話的にも画的にも豪華で飽きる時間がありませんでした。

 

アマプラで観ることができます。

 

 

目次

 

 

みんな好きだし私も大好きジョーカー

f:id:kzmtkwn:20190506160013p:plain

ピエロマスクをかぶった強盗団が銀行を襲うところからスタート。

チームで強盗するのに、殺し合わせて報酬は独り占めなんて、ジョーカーの狂人ぶりの表現が良い。

正義のヒーローと一番相性が悪いのって、狂人なんだろうな、と。

今回のバットマンは私刑で街の治安を守って乱している厄介さん。

超えてはいけないラインとして、殺人や銃の使用を線引きしているけど、それは個人が勝手にやってる縛りプレイなだけで、ジョーカーみたいなワケわからん常識も何も通じない相手には、何にもならないよね。

 

殺すこととか騙すこと、なんなら自分が死ぬことにもためらいがない悪人って…

前回とはまた違う、バットマンどうなっちゃうの~?感にやきもきさせられます。

 

ジョーカーの魅力に囚われて終わりになりそうだけど、バットマンの最大の敵、という立場にはピッタリだと思わせてくれます。

 

 

レイチェル役変わってますやん

前回ビギンズのレビューで、レイチェルは可愛くて才女で最高なんだ~~~~~~と力説したあとに、やっぱり現レイチェルを観ると、なんでなんだ~~~~~~~!!!!!???と歯ぎしりせざるをえない…。

 

もう、キャリーフィッシャーですやん。全然違っちゃってきてますやん。

f:id:kzmtkwn:20190506144820j:plainf:id:kzmtkwn:20190506144650j:plain

似てる。

 

レイチェルの命運がまた、今後のバットマン(ブルース)を狂わしていくのがつらい。

ビギンズの最後で、私もてっきりレイチェルは誰とも付き合わないでブルースを待ってるんだとばかり思ってたけど、しっかりハービーとやってんのね!

それもまた彼女の選んだことだから誰にも何を言われることはないけど、ちょっとしたことがほんとにすれ違いになってしまったんだな~と。。

 

 

ド派手な展開続きのアクション超大作ながら次作への助走に

f:id:kzmtkwn:20190506152238j:plain

こんだけ面白いのに、次作があるなんて本当に私たち生きててよかった。

バットマンは敵を倒して終わりじゃないのが良いよね。

敵は倒す!そのためには警察も敵にまわす!市民には安心してもらうために泥もかぶる!自己犠牲が過ぎるんだ。

バットマンて、結局人間から地続いたヒーローなわけで、個人の感情とか立場とか、家族もそうだし複雑な背景のうえに、世界がのしかかっているのが見てられない!

そうやって、どんどん自分を痛めて耐えられるわけがないんだよね。

 

私は次作のライジンズも観てしまっているので、ダークナイトについては「深い闇に続く飛び込み台」に見えて仕方ありません。

画面も暗いし、話も暗いし、金はあるからガジェットパねえって映画でした。

 

正直、バットマンはジョーカーに勝ててないし、勝てないと思う!

でも今回勝利できたのは、まぎれもなくバットマンが信じたゴッサムの市民たちの力だよね。

かなり博打だし、信じざるをえないってとこもあったけど、、それがあったからまたバットマンも救われたよね。