テラスハウス新東京18話:だらけててつまらん

前回

kzmtkwn.hatenablog.com

 

17話はありえないくらい面白くなかったので感想ないです。

 

18話『Bros Before Hoes』男の友情第一で!な回。

 

急に翔平が卒業した

突然だったので、こちらとしても気持ちが追い付かず無になってしまった。

プールで写真撮る流れも、思い出作りなのか何かに使うのかよくわからんもんで男性2人が半裸で遊んでる映像でしかなかった。

みんなが寝てる間にすっと卒業するというのも良いんだけど、黒板のメッセージはわかりづらいしペッペには周知されてないしで卒業するのも難しいもんなんだなと思ったり。

これから香織とつき合うつき合わないが始まると今更感も強いので、良いタイミングでの卒業ではあった。

みんな東京ないしは関東圏にいるからいつでも会えて卒業の寂しさとかは感じづらいのかもしれない。

 

人間力の高い凌くんがメンバー入り

バスケ選手の凌くんが仲間入り。

馴染みが早いのに風呂の汚さもしっかり指摘できるのはすごい。

男女関係も確認したうえで『Bros Before Hoes』を締結。

そつがない。

バスケの宣伝のための入居かしら?

 

テラスハウスが硬直してる

初期メンバーも香織・春花・流佳のみとなった。

いまやいい顔しいの香織、小学生女児仕草の春花、スパイダーマン志望の流佳になってしまったわけだけど、ここから何か変化があるのだろうか・・・?

ちょっともうひと盛り上がりの余地ないんじゃないかと。

というのも、違う分野にいる人同士ならではの成長のシーンがなく、普通に仲良く過ごしているように見えるから。

流佳に対する接し方も「流佳はねえ・・・」となってしまっているのも、格付けみたいで嫌だ。

 

・・・・・

卒業のきっかけというのは良いシステムなんだなと実感。

視聴者はわがままなもので、メンバーのありのままが観たいわけではなく面白いと思えるものが観たくてネットフリックスに加入してるんだ!

たのむでしかし!

 

kzmtkwn.hatenablog.com