テラスハウス新東京35話:『THE MONSTER IN THE HALLWAY』廊下のモンスター

 濃度が高すぎてしょっぱい。 

 

前回

kzmtkwn.hatenablog.com

 

新東京は薄味が続いててなんだかなーという気もしていたけど、社長のようなドギツイ展開があるとそれはそれでイロモノ感が強くてからい。聞き耳と腹筋はまあ酔ってるからやりにいきすぎたな?と思うが、朝出かけるときに紅茶誘ったりクリスマスパーティーで合コンゲームしたり壁ドンを武器にしていたり細かに見せるセンスのなさが痛い。ただ、熱量さえあれば付き合う可能性は十分あるからその勢いは全く間違ってはいない。やっぱり行動するってことがまわりまわって何かに繋がっていくんだろうから社長はピエロになってもたくさんのものを得られるんだと思う。(まだ『キモ面白い』で留まっているし…!)

 

ドンキに売ってそう。

 

にしても凌が出てこないことにはビビの話が信用できない。「疲れるから会えない」と言われるのは体よくお断りされているんだろうけど、「日本に残ってほしいに決まってる」と言われるのは熱いカップルの会話。結局どういう関係なのか?お互いの気持ちがかみ合ってないんじゃないか。カメラの前で会えないのは撮られると困るからでそれほどバスケに集中したいのか、もしくは付き合ってることにしたくないからなのか…。

セフレでもバスケでもどっちにしても悪くはないけど、ビビがふわふわ「両想いだと思ってる」状態にさせてしまっているのは罪深い。花とは距離を置くことで察しさせようとしていたが、キスまでしたビビに同じことをしてはいけない。ビビはクリスマスに結ばれるプランを実行したかったのかもしれない。凌のことを割り切ったビビは卒業か?入居前にはモテるプランを描いてきてたろうからまだいるかな。お仕事シーンで挽回してほしい。

 

今後テラスハウスを語るときに「あの腹筋の」と呼ばれるだろう回。社長を躍らせているのは夢のほうなのだ…助演女優賞は文句なし。

kzmtkwn.hatenablog.com