『 日本の少子化対策はなぜ失敗したのか? 』感想

日本の少子化対策って失敗してますよね。なぜかは・・・わからないので読みました。

結論として、自身の中流生活を手放したくない若者が多く子供を持たないから少子化傾向が続いている、らしい。

そこに至るまでに展開された、成人を迎えても独身であれば実家で暮らし続けても社会的に容認される風潮がある、だから親の中流生活そのまま生きており、結婚して自活することで生活のランクが下がるのを避ける、とか、日本ならではの「自己責任」「世間体」社会がために結婚しない考えに至るの、わかるな~と思いました。

 

いまの少子化対策は保育園を整備したり、高校の授業料無料とか、場当たり的な制度改革になっているけど、そうではなくてまず結婚している人が少ないと。アンケートでは「いい人がいれば」と考える人が多いらしいけど、そもそも「できればしたいね~」くらいの感覚になっている人が増えているんだと思う。それはさほど緊急でも切実でもなくて、一生懸命「あ~結婚したい~~!!」なんていう人、どれくらいいるんだろう。(いるにはいるだろうけど)昔より「結婚して一人前」という社会圧はだいぶなくなって解放された反面、放っておいても自然に結婚する人って少ないのねーと。

私の結婚してない友達は、親元で生活してるし、仕事も順調。本当「いい人がいれば」みたいな感じで、オタクをエンジョイしている。生活に危機感はないし、恋愛以外で楽しいこと見つけてる感じ。これがまさに・・・?

 

離婚するカップルが多くなってもなお慎重にならざるをえない日本の結婚。特に親世代が子供に不自由ないように・・・おせっかいで口を出すという。これほんと私の母も「契約社員って大丈夫なの?」とか言ってきたし、それからやめたほうがいいだのこうだの言ってきて、もう大ありです。私は全部ひっくるめてわかってるんだが~~と思いながら、結婚って両家の縁結びだしなあとも思い、円満な結婚って難しいなと感じた記憶が新しい。

私自身奨学金を返済中の身で、「奨学金借りてる人はちょっと」と言われてしまうと終わりなんだが、そんな細かくデッドラインをひいてるとそりゃ理想の相手探しに苦労するでしょうねえ。

”ふつうの”、”恥ずかしくない”結婚をしようと思うとなかなかハードル高いし、昔よりかは地雷が見えるのかもしれないけど、正解はだれにもわからないからなあ。第一結婚には金がかかりすぎてたというのも、非婚化に拍車をかけるよね。結婚したら「新婚旅行は?」「結婚指輪は?」というのもまだ当たり前にあるし、それらをこなせない自分はダメだあとなってしまうもんな。

 

国(自治体)と国民が自分たちの衰退を理解したくないがために少子化が進んでいるというのは納得できる。本の最後には、オタクが成婚率を上げるとあって「はえ~」でしたが、建前とか世間体を気にしない人たちがしたいから結婚する、というのがみんな幸せになれるだろうし良いなと思いました。いずれ日本人は滅んでしまうけど。

 

空気階段単独ライブ『anna』感想

良かった。良かったです。

空気階段のライブを通しで見たのは初めてで、youtubeにある細切れのコントを見るよりも満足感が高かった。CDアルバムみたいに、たくさん考えてベストを尽くしたんだろうなーって伝わる、お笑いライブっていいなと思った。

ラジオでずーっとannaanna言ってたのを聞いていたからかもしれない。開催できて良かったよねえ。

 

『27歳』ではすごく引き込まれてしまって、世にも奇妙的な笑うせぇるすまん的なんだけど、きったないおじさんになってしまうのが空気階段でというか二人とも演技が上手い・・・ 。導入からして、一発売れたミュージシャンと当てる前から飲み友達してたおじさんが久しぶりに会って、、なんてそれだけでちょっと切ない話ができるだろうに院長が出てきてから話の転がるスピードがおかしくて笑える。ジョージ or death !発想がすごいなーと思いました。

 

大作『anna』。めっちゃ好き。ラジオを通して話が進んでいくのもにんまりするし、変なおっちゃんのラジオ繋がりで深まる仲はより特別に思えたし、だから二人ともクセのあるキャラクターというのがハマっていて、大好きになってしまった。

キングオブコント決勝のコントを思い出す雰囲気で、見たかった空気階段を150パー見れて嬉しかった。

メタ的になるけど、いま観客としている人たちって踊場リスナーばっかりだろうし、私もそう。TBSラジオx吉本の共同制作だしでラジオスタッフも関わってるanna。”みんなが好きなラジオ”の空気感が共有できているのが嬉しいし、ちょっと幸せな気もした。

 

すごい良かったな~。グッズも買い込んでしまった。歯トートバッグ楽しみです。

 

スペシャルリザーヴとレモンサワースクワッド

f:id:kzmtkwn:20210218195847j:plain

スペシャルリザーヴがとにかくおいしい。

個人的にかなりヒットなウイスキー。甘いんだけどスッと飲み下せて熱い。たいしたグラスを使ってるわけでもないのに飲む直前の香りがたまらん。OKストアで2000円代で買いましたけど安いと思う!クセもスモーキーもなくて、飲みやすい。熱いからしっかりアルコール感はあるんだけど、バニラ香るっていうのに嘘がなくて飲みやすい。ので危険。おいしいです。角のハイボールからウイスキーストレートで飲んでみたいなーという人にはおすすめしたい!

ただー、シールが安っぽい気がするのでそこだけ気になる。飲んでるときは全然関係ないし忘れてしまうんだけど、保管用みたいなビジュアルで上がることがないのは寂しい。おいしいけどね。

 

 

f:id:kzmtkwn:20210218195833j:plain

2本目買ってしまった。

飲んだことないウイスキー飲みたいのに2本目を買ってしまった!罪な酒です。

 

 

f:id:kzmtkwn:20210218195840j:plain

LEMON SOUR SQUAD

レモン缶チューハイの中で特に気に入ってるのが【LEMON SOUR SQUAD】。卍って感じです。宝酒造EXILEがコラボしたという異色の酒。EXILEが若かりし頃中目黒で飲み交わしたレモンサワーがあーだこーだというコンセプトらしい。ぐぐるとレモンサワーを一晩で2500杯伝説!など言われていて嘘やん・・・となるやつ。販売はローソン限定らしい。近くにローソンがあるのでよく見かける気がしたけど他で売ってないのは残念。

この酒、なかなかおいしいなーと思っています。レモンサワーも戦国時代でたくさんの種類が販売されていて、果汁推しのものが強い感じがするけど、レモンサワースクワッドは逆。

駄菓子のレモン味を思い出させるような、レモンペースト味が濃くておいしい。この味のテイストって他にはないような気がして、果汁推しの似たようなレモンチューハイよりかレモンサワースクワッドの味を思い出して飲みたくなることがある。正直、ご飯には合わない。印象に残る味っていうのは、少なからず尖っているはずだから飲んでみないと好き嫌いはわからないと思う。お酒が好きだったら試してみてもいいんじゃないかなーというお酒。私は好きです。

shop.takara.co.jp

公式しか通販なかった。ギフトボックスに入ったレモンサワースクワッド、笑える。

 

おいしいチャミスルおいしいジョニ黒

おいしいです。

 

f:id:kzmtkwn:20210204125937j:plain

チャミスル

最初に買ったのはイチゴ味。梨泰院クラスでいつもチャミスル出てくるな~と気になってたのでなんとなく買い。一口飲むと、添加されたイチゴ香料が入浴剤みたいでびっくりした。段々慣れておいしくなった。お酒って不思議だな。

一般的な焼酎とも酎ハイとも違う、ジュースみたいでさらっと飲めるんだけどアルコールのグッとした飲みごたえが気に入ってしまい近くのスーパーとカクヤスからありったけ飲み比べしてしまった。

 

f:id:kzmtkwn:20210204125944j:plain

優勝

結果、イチゴとすももが勝ち抜き、両者飲み比べしてみて・・・すももが一番おいしい!で決定。甘めなので人を選ぶかもしれない。私は好きです。

 

フルーツ味は安定においしいが、フレッシュ味は可もなく不可もなく・・・という感じだった。飲めなくはないけど買いなおすことはないかな、みたいな。常温で飲んだからかもしれないし、ロックや炭酸割りしたら化けるのかもしれない。なので初めて飲むのであれば好きなフルーツからがおすすめ。甘いの苦手な人はフレッシュ一択ですな。

 

 

 

f:id:kzmtkwn:20210207203128j:plain

ジョニ黒

ウイスキーを探してるとやたら目にする『ジョニ黒』。コスパがいいらしい。

飲んでびっくりした。3000円くらいするウイスキーの味がするから。飲んだ時の熱くなる感じはしっかりあって、味は渋め。少しスモークっぽいような。セブンスターと相性が良さそう。たばこを吸わなくなって長いのでもう試せないけど、喫煙者は試してみてほしい・・・。

 

シーバスリーガルは甘くて親しみやすくておいしい!だけどジョニ黒は、甘さが全くなくて媚びがない味がする。ハイボールにしてもおいしいし、くどくないから、軽く飲むが気兼ねなくできて良い。ウイスキーを角やニッカから飲むんじゃなくて、ジョニ黒から飲みだしたら初心者の印象は全く変わるだろうなと思う。お手軽に試せる値段だし。(OKストアで2000円きってた。神か?)

 

 

【映画】『そこのみにて光輝く』感想

名作では。アマプラにて。

 

概要を書こうと思ったけど難しくて書けない。貧乏だとか娼婦だとか仮釈とか言葉を使えば説明できるけど、属性にしてしまうとチープな表現になる気がして色んな要素がぐにゃぐにゃグラデーションして混ざり合ってる作品だった。それが人間とキャラクターの違いのような気がして、彼らの生をすごく感じた。

 

タツオとタクジとチナツ。

事件のショックから逃げ出してパチンコと酒飲むタバコ吸うくらいしかしなくて寡黙だから何考えてるのかもわからないタツオ。荒れた生活の割にはこざっぱりしてるというか、”荒れた綾野剛”みたいで最初は苦手だった。だけど、仕事の回想シーンでは身なりもきれいだし、元々きれいな人もしくは荒れ生活が短いのかもしれない。髪の毛のセットは常にかっこよかった。

底抜けに明るくて、バカで声でかくて食べ方も汚いタクジ。タツオとの子弟みたいな関係がすごく可愛くて、出会って間もないのにわかりあえてるのすごい。結構なケンカをしても何だかんだ元に戻ってあっけらかんとしてるの、私にはできない所業でああいう軽さはすごい強みだからバカっぽく見えても羨ましいと思った。

昔刺した理由を本人は覚えてないと言うけど、きっと家族に関することを言われたのかなと思った。鬱々とした家族の中で「知らんけど」とでも言いたげな無責任さで渡ってきたように見えたけど、家族が大事で、自分も大事にしたくて凶行を繰り返してしまったタクジを悪く思えなくて・・・とにかく環境が悪いんだ・・・という結論しかなかった。

キッと見つめる顔が幼いのに苦労しかしてないチナツ。いつもすぐ脱げるワンピースを着ていて、出てきたときは仕事のにおいを感じさせられた。風俗業は私にとって尊敬するべき仕事のひとつで、チナツがしたいからその仕事をしているのかどうかはかり知れない部分があったけど「普通の仕事ができない」と漏らしたときには、何とも言えず「うん・・・」という気持ちになった。例えば正社員で就職しました、結婚して家建てました、なんていう一般的に言う幸せをチナツに当てはめてもチナツは絶対に幸せにならない。寄り添い合って、たくましく誠実に生きて欲しいとすごく思った。

 

そこのみにて光り輝く

映画を観ていて、タイトルはどういう意味なんだろうと何回思ったことか。終盤になる頃になんとなくわかったような気がする。

チナツとタクジの家庭環境は最悪中の最悪で、近所(職場)の人は「出来損ない」と揶揄してくる腐った人たちで、自分たちだけでは未来を変えるなんて到底できなかった。タツオと出会って恋をしたり、仕事のアテを見つけたりして「これで変われるかもしれない」とやっと思えたはず。3人で生活を始めるためには、不倫相手と縁を切って、今の職場を退職しないといけない。結果、すんなり縁は切れないし、めちゃめちゃにキレて傷害事件を起こしてしまってご破算。思い描いた明るい未来はもっと遠くに行ってしまったと当人たちは思っただろう。

だけど、それまでの環境はそれほどまでしないと切れなかった世界で、少なくとも不倫相手との縁は切れたし、タケジは刑期を終えれば出所する。まったく救われないバッドエンドに見えるけど、前よりかは何歩も前に進めてるエンドだと私は感じた。だから諦めさえしなければ地獄みたいな生活をやめることができるんだと思える、救いのある終わり方だったと私は感じた。

だから、幸せになる方法も、かかる時間も普通の人じゃ想像もできない内容だとしても、本人たちの「そこのみ」が表現された映画だったのかなーと思った。

 

 

タツオとチナツが海でお互い泳ぎながら近づくシーン。恋愛の高揚感が伝わってきてどきどきして良かった。ラブストーリーよりもとにかくタケジが好きになっちゃう映画。ありえないぐらい歯が汚くてびっくりできます。

 

そこのみにて光輝く

そこのみにて光輝く

  • 発売日: 2015/02/14
  • メディア: Prime Video
 

 

【映画】『岬の兄妹』感想

アマプラで。90分なのでさっくり観れました。

 

港町の掘っ立て小屋に住む兄妹。兄は足を引きずり、妹は自閉症。兄妹二人で生活しているが兄はリストラされ窮地に。妹の売春で稼げることを知った兄妹は一つの光明を見出すが・・・という話。

 

どうしようもない。作中でも言われていたとおり、兄は「頭が悪い」からどんどん悪いように転がり落ちていってしまう。生活保護しかり、妹の介護を外注するなり友人に警官がいるところから、何らか福祉で好転しそうな感じはするけど、そういった描写はない。自分たちで仕事をするか、ゴミをあさるか、金を借りるかという方法でしか生きていかない。恐らく・・・兄が福祉に頼りたくないと思っているんじゃないかと。

あの状況で何らかの援助を受けられるかどうかはわからないけど、公共の援助というのは役場に行って、役人に話をして、書類を書いて、手続きは全部自分たちでしないといけない。そういう手続きこそ煩雑になってたりして、うがった見方をすると、水際作戦ってことなんじゃないの、ともいえる困難さで、正直、あの兄妹だけでは難しそうだ。兄も兄で柔軟に対応できなさそうで・・・。

 

ああいう人達のことをまさか自己責任と言えやしない。今の感覚でいうとはぐれ者に見えるけど、何も悪いわけがなくて、昔の・・・昭和とかもっと前にはああやって1日をやっと生きる人たちがたくさんいたはずで、いつから見えないものになっていったんだろうと思った。(見たくない人たちによって・・・)

妹の売春で手ごたえを感じて、家中の古びて臭そうな目張りをボロッとはがした時に差した外の光がまぶしくてもう。「い、いけるぞ・・・!」とみんな思っただろう勝手な一体感が良かったな。まあ「絶対この後事件になるんだろうがな・・・!」とも思って辛くなるんだけど。

 

妹が楽しそうに気持ちよさそうにセックスするのが印象的で。小人さんのこと好きだったのかな?客から言えば風俗嬢にちょっと愛着わく、くらいの感覚だったのかもしれないけど幸せそうに見えて、良かったなあと温まるシーンだった。「(ちんちんは大人!)」が一番笑った。あの辺、妹も稼げること(役に立つこと)が嬉しくて、男の人からも大事にされて、必要とされてるのがすごくわかるからうきうきしててこっちも嬉しくなっちゃったな。

だから終盤の「仕事する?」が切なく聞こえて・・・自分で稼いで食べたマックほんとうに美味しそうだったもんな。

ラストシーン、最高だった。仕事させてるのかしてないのか、これからするのかわからないけど・・・、妹の希望のようなどうしても気になる表情がすごく良くて!もうあの仕事がない人生には戻れないんだなと。正しいと正しくないとかゼロイチで語れない、泥水みたいな終わり方が好きでした。

 

↓いい写真

岬の兄妹

岬の兄妹

  • 発売日: 2019/12/25
  • メディア: Prime Video
 

 

80プペルと推し

キンコン西野のオンラインサロン生が大枚はたいて映画のチケットを大量購入し、手売りすると宣言。宣言内容や金額の大きさにカルトみを感じた外野の人たちが騒いで話題になりました。

note.com

連日、西野さんは「映画えんとつ町のプペル」を多くの人に見てもらうためにクラファンや団体様無料プレゼントなど仕掛けていました。
その一つに今回の「映画のシナリオ台本&前売りチケット」を原価で仕入れ、サロンメンバーが販売できる権利がありました。販売代行のような形です。
3000円の原価で価格3500円など値段を上げて売れば、利益が出て、サロンメンバーさんのお小遣い稼ぎいもなるし、映画も広まる。こういう仕組みです。

ねずみ講みたいな、アムウェイ的な既視感を抱いたネットの人たちは面白がったり叩いたりした。80セット買った動機もワナビーが溢れた「やりたいことをやる」「人生を変えたい」で映画のチケットの転売が手段であるはずなのにその先にどうしたいのか、どうなりたいのかまでは描けてない。オンラインサロンのカモじゃん・・・としか読めない記事になっていました。

 

後日

note.com

『自分のお金を使って最大化するには80回自分で映画を見ればいいんじゃない?80人とマンツーマンで見に行ってその人にフルスイングをする。』

そもそも80回映画を見に行く奴なんていないし、80人と深く話せる!!
→やります!

やる選択肢しかなかったですね!!

お金を払って買ってもらうとはどういうことか、自分に与えられるものは何があるのか、武器は何でそれを最大化するためにはどうすればいいのかがほんとに気づいてなかったところですし、考えさせられましたね💦

『レンタル何もしない人』が話題になって本も出してテレビにも出てる世の中なので、80回映画を観て見えてきたものはこの人にしかないから良いんじゃないかなーと思います。もう公開開始したけど80回観てるのかはわからなかった・・・。

 

 

80プペル

note.com

サロン生自ら大金を突っ込ませるようなやり方はどうなの、というつっこみ。夢とか前に進むとかふんわりキラキラワードで包まれた集金方法は危ないというのはもっともだと思います。

 

note.com

特に教祖を崇めるような内輪ネタスタイルの記事が見えると、西野のオンラインサロンがどんどんやばくなっていくんじゃないか、野次馬しに行きたくなります。のぞき見しても「ご本人たちは楽しそうで何よりだな」に落ち着くだけなんだけどね。

 

マルチだ詐欺だと言われるけど、最初のチケットを80セット買ったりした人やサロン関連のイベントに携わったりスナックを開いたりする人たちは自分たちがやりたくてやってるのが肝だなーと思う。自己啓発の延長線上にある、その人たちの国で行われてるルールに従って前向きにやってる。

 

 

推し

この騒動というか、一部での熱狂を画面越しに眺めていて『推し』という言葉を思い出す。推しというと、お金と時間を費やす対象でもって全力で応援する人、もの。主にアイドルとか漫画アニメのキャラクターに使われる。

私には推しがいないし、推すほどキャラクターを好きにならない。販売してるグッズは絵柄・写真だけにしか価値がないし、イメージカラーのものやロゴはもっと要らない。JO1だったら蓮君が一番好きだけど、推しというほど熱くなれない。推しという言葉にはものすごい熱量を感じる。

最近友達が「推せるものを探している」と言っていた。推しに興奮したりお金を使って応援したり仲間と好きを共有したり、自分の好き度を承認されたりしたいんだろうと思う。自分じゃない何かに軸をうつして熱くなったりするのはオンラインサロンで大金をつぎこんでリスクとってる人たちと似てる気がする。本人たちは全くそんな風に思わないだろうけど。

 

『何か』に夢中になりたいのは根源的な欲求だし、すごくよくわかるし私も今思ってる。ファンが夢中になった結果、AKBの握手会商法でCDが爆売れしたし、K-POPはファン名義で多額の寄付をしている。

news.livedoor.com

 

 

捕まってないだけの詐欺師

千鳥の大悟が西野のことを「捕まってないだけの詐欺師」と言って的確過ぎて笑ったけど、広まりすぎてもう笑えなくなるかもしれない。

西野の本であった、オンラインサロンはサロン生同士の繋がりを提供する場、という考え方はよくわかる。サロン生の美容室だかお店をわかるようにして、サロンという共通言語で繋がろう、みたいなのがあった記憶がある。今どきはネットがあるから簡単に繋がれるけど、その質は担保されていないし、変な人・危ない人と繋がってしまう可能性も高い。であれば少額でも払って同じ価値観を持つ者同士繋がれるのは合理的だし、間違ってない。

 

ただ・・・近畿大の講演であったように、『自分の人生を変えうるポジティブな選択肢を示してもらって、良い方を自分で選んだ』錯覚をさせてくるのはいただけない。

西野
「どちらでも構いません。皆さんの人生ですから、皆さんの好きなようにされるのがいいと思います。
あ、もう一点。
もう間もなく…あと10分~15分ほどで皆さんの大学生活が本当に終わってしまうのですが、このまま静かに座って終わらせてしまうのか、それとも、最後にバカをして終わるのか?

誰かが世界を変えてくれるのを待つのか、それとも自分で世界を変えるのか?

念のため、もう一度言いますね。
あなた方には二つの選択肢がある。
パラパラの拍手でキングコング西野を迎えるのか、それとも、割れんばかりの大歓声でキングコング西野を迎えるのか?

決めるのは、あなた方です。

というわけで、ゲストスピーカーの登場……やり直しです

ameblo.jp

 

正直、自分の卒業式や成人式でこんなことを言われたら、「せっかくだしこの場を良くするのは損しないし面白いかも」と思って大拍手すると思う。拍手すること自体は悪くないし式をポジティブに終えれるから良い。けど、同じことを思った人の中に「西野さんってすごい」と感じてしまう人が出てきて・・・信者になってしまうだろうな。

 

彼は最初から最後まで騙すつもりなく、正しさを混ぜ込むと説得力を増すことを知っているんだと思う。だからオンラインサロンに入会して得た知識とか人脈は全く無駄じゃないし人によっては一生を左右するんだろう。根っからの悪とは思えなくて、でもハマりすぎる人が少ないといいなと思うし、身近な人がハマってたら止める。ソシャゲのガチャみたいに、存在は割と悪なんだけど救われる人もいるものは世の中に結構ある。防ぐことはできない。

note.com

 

note.com