映画『来る』感想 ネタバレ有り

ネットで話題になってたやつ。幽霊大戦争で超カタルシスというようなことをみたことがある。

前評判通り妻夫木はイヤ~な夫。対し妻も健気ながら段々反骨みを帯びてきたのが良かった。子供はとにかくかわいそう。

にしても妻夫木編が長くてとにかくストレスがすごい。自然に女性の立場に立ってしまうので、法事で居場所ないのにほったらかす夫とか妊娠中なのに自宅でパーティー開く夫とかイクメン気取り夫とかなんなら暴言かましてくる夫とか、もう~~この後無残に死ぬのよね!?と思わないと見てられないくらいギッチギチにストレスを感じまくりました。

メインストーリーは他にも細かいところが気になってなかなか入り込めないんだけど、柴田理恵の登場や霊媒師総出のあたりなんかはすごくわくわくする。ぼぎわんの姿が出てこないからこそ、勝てるかどうか・・・勝負になるかもわからないけど!総力を挙げる戦いが始まる!っていう期待感が爆上がってすごく高まった。舞台設営シーンも、日本の総力はどんなもんなんだとうかがい知れる感じが良い。なんか色々流派とかあるんだろうけどみんな頑張れ!と思わせる力がある。

 

最高潮に期待させておいて、そこまででもないのが『来る』でした。お松の姉ちゃんもめちゃ強そうだったけど・・・なのに・・・どうして・・・!岡田と小松が邪魔してパーでした。見てるこっちは全く理解できないのでハテナハテナ。過去の堕胎が~とか、産めない体で~というのも散々やってたけど、正直・・・で、何。とこっちはヒエヒエだったのでやたら白けました。

 

最後は家族っぽい3人でにっこり。オムライスわっはっは。え!?う、噓でしょ・・・って感じでした。あの高まりを返してよ!と言いたいくらいで、ちょこちょこ良いところあるのにすごい惜しいというか何とかならなかったのか・・・という気持ち。

あの高まるシーンをグーン!と伸ばしてグッ!グッ!と固めてパッと仕立てた作品が見たかったなあ。。

クソ映画!とは思わないけど、ただただ残念になる映画でした。

 

 

 

映画『コンジアム』『へレディタリー/継承』『残穢』感想ネタバレ有

呪詛関連の感想を読んでいて目に入った作品を観ました。

 

コンジアム

韓国の調子乗り若者が心霊スポット配信で一山当てたい話。

POV好きPOV好き〜!心霊youtuberが噂の精神病院に凸というのも話が自然で良い。韓国は仕事が少ないと聞いたことがあるのでyoutubeで当てたいというのも切実なやつなのかもしれない。

前半は若者たちがはしゃぎ遊ぶ。長いと感じるけど、恐らくこれからとんでもない目に遭うのであろう最期の姿なのでしょうがなく観てやる。不法侵入はあれだけど、面白がってたら命取られちゃうの理不尽すぎる。

やらせ配信だったのに本当に何か出てやばい!!!という展開で、違和感がどんどん大きくなって迫ってくる感が観ているこっちもドキドキする。違和感が現実になって「あーもう終わりだー!」って頃にはメチャクチャになってジェットコースタームービーっぷりがもはや楽しい。

特に、特に怖かったのが、脱出した女子が再び戻ってきてしまい、真っ暗の屋内で出会った”アレ”。あのシーンやばすぎる。絶対にこっちに来るし殺しに来るのはわかってるのに、来ない!ずっと来ない!あの子もあんな顔なるてほんと。いっそ殺してくれーっ!!と願ってるのに終わらない恐怖。急にガバッて来るよりそこにいたほうが恐ろしいなんて、初めて知ったよ。。

他には、脱出した女子同士で取り憑かれ(?)たシーン。あれ、ブラクラやないかーい!てなってしまった。でも怖いっ 怖いもんは怖い!あと変な音ほんと何だった。ヘッドフォンで観てたので「はひ・・・!」ってなりました。映画館絶対無理だあ。

 

友達とかと鑑賞会でキャイキャイしながら観るにはちょうどいい映画でおすすめ!謎がありそうでもはやどうでも良くなるというのもさっぱり見終われてナイス。

コンジアム(字幕版)

コンジアム(字幕版)

  • ウィ・ハジュン
Amazon

 

 

へレディタリー/継承

『ミッドサマー』を作ったアリアスター監督の長編映画監督デビュー作らしい。ま?

まず・・・映像が綺麗!!山奥のロッジハウスで、ミニチュア製作の仕事をしている・・・ってこんな生活いいなあ、納期大変そうだけど憧れちゃうって最初に思いました。ミーハーか。優しい夫と一男一女の子供と暮らして、いいっすねえ・・・。

この作品も何か起こるまで長いかな?と感じました。不仲でよくわからんお母さんが死んで、悲しいけどやっていこうよって時にチャーリーが死んでしまう。悲劇重なるうえにアニーは精神病んでて危なっかしい。。最後まで派手なお化けが出てこないというのもあるけど、とにかくアニーの危なっかしさが怖い。あの儀式を家族に強要するときのいっちゃってる感じ。観ているこっちがすごく居心地悪くなってしんどい。ピーターが可哀想すぎる・・・。

 

ラストに向かって怪異が暴走するの、理屈が通らなくてわけわからん感じ、悪魔的で妙に納得感がある。でもやっぱり悪魔はちょっと私の文化にないからフィクション的に思えてしまった。いや面白いし、どうなっちゃうの!?て先が気になる展開ではあったけど、これ絶対2週目の方が楽しい映画だなと確信している。悪魔のマークが電柱に書いてあった通り、全ては仕掛けられていて悪魔の器化を知らずのうちに継承していた・・・ということだろうから、最初の葬式シーンは信者の集会だしナッツのケーキも怪しい。すぐに見直す気にはならないのでいずれもう一回観たい。

 

理解のある夫君が燃えたときの絶望感やばかった。

 

 

残穢 -住んではいけない部屋-

うっっすら「視聴者参加型らしい」と見かけたので期待して視聴。

ホラーってより、ミステリーっぽい?怪談話が続くので、ここの先代の奥さんの実家の・・・と途中こんがらがったうえに結構眠くなり申し訳ない。

竹内結子の佇まいが素晴らしく。ボサっとしたライターだけど、たまにキリッとして締めてくれる。橋本愛のぽんやりしたお嬢さんに付き添う頼もしい大人でいて、観てて安心した。

この映画、いやなんか私あんまり怖くなくて。その土地のいわくや人について明かされていくのが、ゾゾ〜っというか、なるほど〜って風に受け取ってしまったので、奥山怪談を話しても聞いても呪われると言われても「・・・なるほど・・・」としか思えなかった!参加させ度合いが上品すぎてこっちが鈍感になってしまったのかもしれない。

直接な怖いシーンが少ないうえに、かろうじて出てくるCGお化けが微妙な出来なのでストーリーで肝が冷えなければ無風の映画・・・かなあ。

呪詛みたいに引き摺り込んでお前も殺してやる!!!くらいの熱量でやっと自分が恐怖を感じる体だったかも。

 

 

 

まだまだ観たい映画がたくさんあって困ります。

 

【映画】『呪詛』感想

台湾で一番怖い映画と言われているそう。過言じゃないです!怖すぎた。ネタバレします。

 

精神病の治療が明け、娘を引き取りに行く主人公。新居で2人暮らしを始めるが異変が起きて・・・という話。どうして異変が起こるのか、なぜ異変の原因を作ってしまったのか、この異変は何なのかがすべて作中で明らかになるので気持ちがいい。とか言ってる場合じゃないほどこわい!!

 

ラストシーン、怖すぎて画面観れなかったです。なぜなら呪われるから!!!いい大人が言う言葉じゃないですよね?観た人は絶対わかってくれると思います。ラストにかけて視聴者参加型になっていくの本当ゾッとする。特に真っ黒なお経シーンからパッと真っ白な画面になって、目に焼き付いた宗教アイコンがぼわっと浮き上がる感覚になるところ。お見事すぎる・・・もう終わったと思いました私。

カメラを通して主観視点で作られる映画(POVという)好きですが、この映像手法こんなに進化するんだと感心しました。いつでもカメラをまわす主人公、最初はyoutuberの名残で何でも記録しといたろ!って人かと思っていましたが、この映像は人に見せるため、呪いを広めるために撮っているんだとわかった頃にはもう呪われてるなんてひどい!

 

ストーリーで言えば、ドゥドゥの呪いを解くために霊媒師(?)から7日間食事禁止と言われるシーン。子供に7日は無理だし、現実にもスピ的なものにそそのかされて子供を殺してしまった親がいたな・・・とか、こんなやばい呪いは早く解きたいのに誰にも相談できないし手段は絶食って精神的にきつすぎる・・・!と思ったら割と早めに何か食べさせてるし、お母さんバクバク食ってるし、ズコーってなりましたね。話が進むにつれて地雷を踏み抜いていく主人公にはつっこみが止まりませんでした。(禁忌を犯して大変なことにならないと怖いシーンにならないのはわかっているけど・・・!)

 

他には・・・

映像が美しいです。アジアの湿気がにおい立つような表現が豊かで、画質も良いので色々はっきり見えます。宗教集落の建物や小物が見たことないのにそれっぽくて、とても没入できます。

 

 

この映画みたあと、誰かと「この映画やばい!」って話をしたくなったけど誰もみてないしおすすめもしづらいしで寂しかったです。私は子供の頃『紫の鏡』を信じ込むタイプだったので、この映画も不安になりました。すぐ明るいところに散歩しに行ったので大丈夫でしたが・・・。

この映画を映画館でみたい人もいるそうですが、私は絶対いやです!逃げ出します。あのお経大音量で聞いたらおかしくなります。

ホラー好きな人には本当におすすめしたいですが、責任は取りません!よろしくお願いします!

 

ノンアルはヴェリタスブロイがあればいい

世の中にはノンアルがたくさんあるのに何でこんなにおいしくないの、と思っていませんか。私は思っています。最高のノンアルを探すため、たくさん飲みました。そして、見つけました。紹介します。

 

ヴェリタスブロイ

これ、めちゃくちゃおいしいです。まごうことなきビールの味。なぜなら1回ビール作ってからアルコール分を抜いているらしいです。そんなことできるの?

缶にはこんなに栄養豊富だぞととにかく書いてあります。嬉しい。わあ葉酸まで。妊婦もいけると書いてあるが、ウーン!どうかな。都合が良すぎる。

ヴェリタスブロイは100mlで11kcal。スーパードライは100mlで42kcal。全然違いますね。ビールを飲むよりも太らないところが嬉しい。

 

夏の暑い日、とりあえずヴェリタスブロイを飲むと飲酒欲が収まる。しっかりビール飲んでる感もある。2缶も飲めば今日は酒いいや~ってなって風呂入ったりして、良い感じに1日を終えられます。酒飲むと楽しいけど、何もできなくなって後悔するのもうわかってるんだ。

難点は売ってる店が身近にないこと。通販で3ケース買っちゃいましたよ。

 

 

ゆずッシュ

酔わないウメッシュじゃなくてこっちが好き。人口甘味料も入ってないしキリッと味がするのでおいしい。酒感よりかは、味が良いドリンクというイメージ。個人的に柚子の方が好みなだけで、ゆず>ウメというわけではありません!!酔わないウメッシュ系は昔から売ってるように思うけど、やはり鉄板。レモンッシュというのがあるらしく是非とも飲んでみたい。

 

 

ワインの休日

ワインの味がして感動したノンアル。おいしい。ゴクゴク飲んでも罪悪感なし悪酔いなし!食事と合わせて楽しむワインとして良いかもしれない。お酒飲めない人もマリアージュができるのでは。これもスーパーやコンビニで売ってて手に取りやすい。ありがたい。

 

 

 

おすすめ飲み比べ

ヴェリタスブロイ、クラウスターラー、ブローリーの3種セット。これ全部おいしいです。ブローリーは近くのokストアにも売ってたけど、他2種は見かけることが少ないのでまとめてお試しするのが手っ取り早くて良いです。試してからケース買いするべきなので、まずはこちらから。

 

 

チューハイ12本飲み比べセット。いいから全部持ってこい!!!な人向け。ゆずッシュ入りが良いですね。スーパーで見かけるものが多いかな?これまで缶チューハイを飲んできた人には味が近いのでとっつき易いと思います。

 

 

 

以上、ヴェリタスブロイはなんぼあってもいいですからねということでした。

 

オークス・日本ダービー・安田記念2022

まとめて。

 

オークス

予想に手応えを感じないのでnetkeibaのAI予想を買ってみた。

サウンドビバーチェとベルクレスタが良いらしい。

 

買い目

サウンドビバーチェ軸で何頭か流し

直前にスターズオンアース単勝を買い足す。

 

結果

1位スターズオンアース

2位スタニングローズ

3位ナミュール

 

サウンドビバーチェが放馬でどっか行っちゃって大変だった。レースが15分遅れて、関西放送は途中で放送終了したとか。どうなっちゃうの〜!感が一番あって楽しかった。

しかし期待して買ったAI予想が全く当たらず、自分で買ったスターズオンアースがバッチリ当たってプラスになった。放馬のため返金されたので負けることなく済んで良かったとも言える。

 

 

日本ダービー

競馬はダービーが最高に盛り上がるらしい。3歳の頂点を決めると。馬は生まれて3年でピーク迎えるの大変だなあと思いました。

ドウデュース、イクイノックス、ジオグリフ、ダノンベルーガが人気で4強と言われていた。とはいえダノンベルーガの人気がとにかく強くて、新聞でもテレビでも雑誌でもネットでもとにかくみんなダノンベルーガを推していた。そ、そんなに来るの・・・?ってくらい。すごかった。私はジオグリフが来ると信じたので他は買わず。

 

買い目

ジオグリフ軸ワイド色々

オニャンコポン複勝

ちょうどJRAがワイドの賞金にいくらか上乗せしてくれる最高キャンペーンやってたのでワイドで手広く買いました。

 

結果

1位ドウデュース

2位イクイノックス

3位アスクビクターモア

 

お祭り気分を味わいたいということで、川崎競馬までパブリックビューイングしに行きました。人が多い!

天気も良い。

スタンド席は人いっぱいで、画面も遠かったのでパドック側の違う画面で観戦。近くの人が熱心にドウデュースを応援していて、熱かった~。私はジオグリフが来ないのでヒエヒエでしたが。。やっぱり現場は面白い。タバコ臭いし地面に直座りしてる人にはびっくりするけど。

「ダノンベルーガは?」となりながら帰りました。

 

 

安田記念

先週のお祭りと比べてちょっと雰囲気が落ち着いてきたような感じがした。みんなダービーで金使い過ぎたのか?

東京芝1600左。ヴィクトリアマイルにもいた馬が出ている。名前だけは覚えているものの、どう良かったかは記憶にないのでメモの重要性を初めて感じた。。

海外馬と混合レース。出場する馬たちも図抜けたのが特におらず、みんなトントン。みんな来そう。毎週言ってる。

1人気シュネルマイスター。地力があって強い。前走負けてるけど、それで切るには惜しい。デブめらしい。これを買うことにした。強いから。

評判的には2人気のイルーシブパンサーが良い。みんなこれにしてる感じがする。他、ファインルージュソングラインレシステンシアは普通に来そうだし、セリフォスはかなり良さそう。

 

買い目

複勝

シュネルマイスター

ファインルージュ

ダイアトニック

 

4,7,8枠連ボックス

 

結果

1位ソングライン

2位シュネルマイスター

3位サリオス

シュネルの複勝枠連が当たり。枠連買い足して良かった・・・ワイドより広く抑えられるのにオッズついてありがたい。おかげで少額プラス!生涯収支もプラスになった。

終盤、ダノンザキッドが出てきてやばかったけど、ゴール手前までにはきちんと後続が追いついて良かった。見ごたえがあった。シュネル、出てきてえらかった・・・!

まさかサリオス。サリオスは買えなかった・・・買ってなくても後悔しない程度に買えなかった。全頭ながしでもしないと当たらないレースだった。

 

 

 

今回で怒涛のG1ウィークは終わるらしい。夏はお休みして、秋から本格的に再開するらしい。今年から競馬やってるので全部らしいになってしまう。G1は難しい。どれも来そう。切れる馬はそれなりにいるけど、展開次第では・・・ウームを繰り返してしまう。面白いです。特に自分が切った人気馬が飛んでったりしたときには、性格が悪いのでほくそ笑みます。

しかし、大きく(広く)賭けないと大きく勝てない。勝つ馬を買わないと勝てない。のはとにかく学んだ気がする。競馬は自分の勇気と戦うものなのだな・・・。(お金ほしい→こんなにお金使えない!ループ)

一度は万馬券を取ってみたい!という気持ちで遊びたいと思います。以上。

 

映画『シン・ウルトラマン』感想

ネタバレします。

 

みました!ウルトラマン。私はウルトラマンを知らない30代女。シンゴジラは好き。シンウルトラマンは結構not for meでした。

 

最初の掴み!かなり掴まれました。ワクワクした始まりだったものの、こまごましたところでン~?と思うことが多くて、気持ちが離れてしまった。。

良いところ、前半の戦闘シーン。臨場感あるアングルがあったり、途中のシュールな動きは原作リスペクトなんだろうなあ、と製作側の愛を感じた。愛は感じた。

 

山本耕史演じるメフィラス星人は噂通りの好演!底知れなくて怪しいのだけど、人間としてすごくスマートで魅力的。でも外星人。居酒屋や公園で口説かれてる間、カヲル君を思い出したりして。すごく良い。

 

そう、メフィラス星人ウルトラマンとの間柄についてはよくやっているのに、バディと称する浅見(長澤まさみ)とはまるでバディ感がないのが残念で。カトクタイと絆を深めたりとかも・・・なのでウルトラマンが人間を守ってくれる理由もイマイチ入ってこず。外星人の力を政治利用したり、SNSで醜い騒ぎ方をしたり、人間側もダメダメな描写が多くて、いやもうそこまでして守ってくれなくてもいいよ、、と思った。

 

尻を叩く巨大化するにおいを嗅ぐシーンは・・・話の本筋が巻きで展開されているがために、そこ必要かな感が強くなってしまって、若干セクシャルな居心地の悪さもあり、、ちょっと苦手でした。尻で気合を入れたりガサツな部分はミサトさん的造形と見かけてから、ああ~わかる~になった。確かにアニメだったら変な意識が入らないで観られたかも。

 

この映像はすごいんだけどストーリーが・・・の感じ、前にも覚えがある。

kzmtkwn.hatenablog.com

ゴジラKOMでした。そういうものと言われると、知らなくてすいませんですが。

 

ウルトラマンが人並みに好きな夫はシンウルトラマン面白かった!と言ってたので、ウルトラマンファンは観に行った方がいいでしょうね。カイジュウの皮の感じやオマージュ部分がかなり気に入ったみたいでした。目の付け所が全然ちがう!

 

 

映画『孤狼の血 LEVEL2』感想

圧倒的暴力。やはりすべての上に立つのは暴力。

 

kzmtkwn.hatenablog.com

 

みました。劇場にはびびって観に行けなかった作品。絶対グロ怖いもの、、アマプラにきてからも怖くてうじうじ・・・かなり影響受けてしまっています。

前作の大上さんの存在が大きすぎて、桃李君ひとりで!やばいと噂の鈴木亮平を!何とかできるのか・・・できない気しかしないが・・・かなりハラハラしました。

 

正直前作は忘れていたけど全然大丈夫でした。ムショ入ってる間に世界が変わっていた悲しきモンスター大暴れ映画。広島弁の凄み、かっこいい。

 

サイコパス暴力描写、悲惨な出自、警察とヤクザ間の2重スパイ、警察上層部との内部争い、はてはカーチェイスまでもうたくさんあった!それぞれに光るシーンがあって、いくつも思い出せるのだけど、ちょっと細切れで要素が浮いてる感じがしなくもなく。

上林の目つぶしは親殺しから始まっていて、描写もネチーッとしててすごく怖い。必殺技ではないけど、由来のある行動の割にあんまり活きてなかったような気がした。母親、ピアノ講師にした理由は女性だから?ではなくチンタも潰されてたし・・・でも日岡にはしようとしてなかった。(カットされた?)ちょっと、あらっとなりました。

 

特に良かったのは助演陣!!平和ボケしたオヤジ吉田鋼太郎に文字通りの血眼滝藤賢一、下衆オッサン記者中村獅童、悲運のチンピラ村上虹郎・・・!みんなすごいぴったりというか映画の中で生きてて役者はすげえと思いました。

松坂桃李鈴木亮平は言わずもがな・・・ただでも日岡を見ると大上さんを思い出してしまうので落ち着かない。ああ、こんな時大上さんだったら・・・。

汚職管理官滝藤はすごく良くて、暴力の恐ろしさこそないけど正義も何もないクソ警察が上手いぃ。私が観てきた役柄はうだつの上がらないものしかなかったのであんなに声出してギョロギョロするキャラクター、すごく合ってました。ああいったうるさい感じの役、もっと観てみたい。

西野七瀬はな、華はあるんだけど、なあ・・・って感じです。アイドル時代がよぎってしまって、喫煙もちょびっとだし泣くのもそれほど。脱ぐ必要はないけどもっときったない役でも良いんじゃないかな、と物足りなかった。キャバクラのシーンで出てたお嬢さん方は(顔立ち、メイク)かなり平成初期感があってマッチしていたけど、西野七瀬のすら~っとした憧れ体型はちぐはぐな気が。血生臭い作中のオアシス要素ということであれば納得。清涼感。

村上虹郎の熱演も良い。育ちの良くなさと性格のまっすぐ感が両立してて、時代に揉まれた青年役に没頭していた。パスポートとって韓国に行くんだってそれもう行けないやつじゃないかあ〜と勝手に辛くなりながら見守りました。結末は・・・日岡が悪いよ!

 

調べてみると今作はオリジナル脚本らしい。ああ、どおりで。。

www.fashion-press.net

 

3作目も制作決定しているみたいだし、楽しみ。絶対観ます!