【switch】コントローラが壊れそうなほど楽しい音ゲー『Muse Dash』

かわいい・楽しい・ノリがいい音ゲーで最高です。 コナミが家庭用で音ゲーを出してくれないので初音ミクしかやってこなかった私に光明が。それは中国産の音ゲー。タイトルのコントローラうんぬんはガチャ連打が激しいからのため。

プレイ画面をみてもさほど面白そうにみえないこと、3000円近い値段ということもあり敬遠していたがセールになっていたので購入してみた。ら、動作はサクサク・曲は上がるし難易度も歯ごたえありまくり。switch版は3000円払えば今後の追加楽曲含め全部遊べるというので結果お得。買ってよかった。

ec.nintendo.com

 

楽しい

f:id:kzmtkwn:20200218125825j:plain

上のボワンはコンボが切れたエフェクト

横スクで上下に敵が迫ってくるのでタイミングよくボタンを押すゲーム。BPMは速めで調節できない。間隔が間合いになっていて音楽ゲームとしてクオリティは高い。敵は単純に流れてくるだけでなく画面外から飛び込んでくるので反射神経がかなり大事。特に上からグンッ!と入ってくる振り子は速くて描画も短いので厄介。

ゲーム画面はほぼ太鼓の達人だけど、迫ってくる敵を倒すだけじゃなくてトゲの歯車から避けるアクションも必要になる。『避ける』もまた曲を構成する重要なタイミングを担っているのが面白い。倒す・避ける・叩くが入り混じったリズムゲーはこなせるとかなり気持ちが良い。

曲はEDMだかトランスだかテクノだか系で私はそういうのが好きなのでかなり良い。逆に言えばジャンルの幅は狭い。ケルトやジャズはわずかにある。今後のアップデート次第でもある。『Berry Go』のれでぃごーごーごー!いちごーごーごー!がきゃわでお気に入り。

musedash.gamepedia.com

 

可愛い

f:id:kzmtkwn:20200218125811j:plain

リザルト画面はガールズがふわふわ動いて可愛い

絵柄はアニメでいうところのパンティ&ストッキング、パワーパフガールズのようなカートゥーン。かつポップなアダルトさがあるので子供がプレイしてたら目覚めるんじゃないかと思うくらい健全。ゲットできる一枚絵やキャラクターデザインはビビッドでおしゃれ。キャラクターごとに職業というかバージョンがあるので解放させるのが楽しみでモチベーションになる。一枚絵も解放されていくが、ランダムのアイテムを5個集めて解放というシステムなのでなかなか揃わずやきもきする。

 

縦持ちにしたら本当に世界が変わった

f:id:kzmtkwn:20200218125819j:plain

失敗画面はbili動的に文字が流れる

ロード画面であったように、switchをテレビから外して縦持ちの画面タッチ型に変更したら捗る捗る!コントローラだと難易度6~7が天井というところだったが、縦持ちは8が割と余裕でいけて9にも手がかかるほど変わった。やはりコントローラでは限界があるんだと思ってしまった。連打の操作感が全然違う。絶対やってみてほしい。switchが縦に長いのでポップンやピアノタイルのような落下型音ゲーになる。まったく別物のゲーム。

 

レベルは117になったがモリモリ上がるのであまり気にならない。

みかん大使ポスターが炎上した話(ラブライブ!の件)

ラブライブ!キャラが務めるみかん大使ポスターが話題に。

b.hatena.ne.jp

確かに透けてるといえば透けてる。Vラインに影が描写されているので強調表現になってしまっている。私がポスターをみて気になったのはそこくらいで、他の人が指摘しているスカートの丈が短すぎるっていうのはデフォルメ表現の範疇という認識。先日の献血ポスターのように『JA』が『みかん大使』で取り扱うポスターとしては不適切だと思う。ラブライブ!サンシャインは沼津のストーリーなので地元密着で大使就任はかなり宣伝効果になるだろう。大使っぽい衣装とかみかん着ぐるみだとか可愛いイラストだったらなお良かったが今回はアニメ誌のピンナップ感がつよいポスターで残念。

 

似たような件で記憶に新しいのが献血ポスター。

kzmtkwn.hatenablog.com

個人的には前回と同じくらいの強調表現に感じたが、今回のブコメだと「これはさすがに」という人が多くて不思議な感じ。良いとか悪いとかでなく、このボーダーの曖昧さこそが『個人の感覚』であってだから事が難しい。

今回の絵はプリーツスカートであのしわ・影はあり得ない、というのが『不必要な表現』として説得力があったのかもしれない。でも現実ではあり得ないことを足掛かりにすると、必要以上に大きな目、不自然な骨格、いびつな肉付き・・・等々に発展するだけなので意味がないと思う。なので『絵がヘタ』だった、というオチではなく広告として適切・不適切のチェックが機能していなかった、という話になるんじゃないだろうか。

 

今まで考えたこともなかったけど、広告媒体というものはターゲットに刺さるアプローチ表現と、その他の人たちへの無害さのバランスで成り立っている。その曖昧さを少しはっきりさせるためにゲームでは販売時必ずCEROレーティングが行われている。

dic.nicovideo.jp

こちらより引用させてもらうと、現在の区分が興味深い。各レーティングが細かいというのもあるけど、エロだから・グロだから、だけで区分されていないのがわかる。テイルズシリーズは年齢制限かける必要のない硬派RPGだという人もいるだろうし、CoDなんか戦争ゲームなんだから青少年に有害である!という人もいるだろう。

現在の区分

英語表記 年齢 ゲーム
A 全年齢対 スーパーマリオシリーズポケモンパワポケシリーズ牧場物語
B 12歳以上対 スーパーロボット大戦テイルズオブシリーズストリートファイターII
C 15歳以上対 アイドルマスターモンスターハンター零~月蝕の仮面~CoD
D 17歳以上対 バイオハザードオブリビオンメタルギアソリッド龍が如く
Z 18歳以上のみ対 GTAGears of WarデッドライジングLeft 4 Dead

他に「教育データベース」という区分があるが、こちらの多くは実用ソフトなど、内容がゲームとは言えないものが多い。(NDSに多い)
なお、CEROレーティングB,C,Dに関しては対年齢があるものの、対年齢未満の者の購入を制限するものではないため、定年齢に達していなくても買う事が可
一方CERO「Z」定のものは制限を伴う定であるため、18歳未満の者は買う事ができない。
店によっては購入時に身分明書等の提示がめられることがある。

CEROを無視して小学生がモンハンをやってもお咎めはないが、ゲーム販売にあたってはチェック機能が働いている。みかんも献血も、アニメイトに貼りだされるポスターじゃないんだからCERO的に全年齢向けの絵柄を採用するべきだった。

 

 

これまでオタクは不当にキモイ扱いをされていたし、今となっては国民総オタク化といえるほど一般的になった。アニメをみてても別にいいし、ゲームでも鉄道でもフィギュアでもミリタリーでも好きにしていい。ただ、広告に使うのは慎重にならないといけない。はっきり言うとまだそこまで市民権がない。だけどこうやって公共と言われるような団体の広報になる立場まできた。コミケ帰りに過激な同人誌を広げてはいけないように、電車でやおい話をしてはいけないように、『内輪以外の人もいる』感覚を忘れた悲劇なんじゃないか。なので悪いのはオタクでもイラストレーターでもなくプロジェクトに携わった広報の人や広告代理店になるんだと思った。

ウォッカとテキーラを買ってみた

f:id:kzmtkwn:20200214182635j:plain

ウォッカテキーラ


ウォッカはシンプルにおいしい。

缶チューハイでもスピリッツとして使われることが多いウォッカは、自作したところで安定!でしかなく今後も買っていいなと思える。ジュース入れて炭酸水で割れば永遠に飲める気がする。おいしくてすぐ使い切っちゃうのが悩ましい。ストレートでちょっと飲んだら純アルコールな化学薬品感がすごく、口が痺れたのがこわかった。

日本製で米からできているウォッカがあるらしい。レビューも良いので飲んでみたい!お高めなのと、香りを味わうならストレートかロックなんだろうな!?と思うと尻込みするけど。

 

テキーラ、、くさすぎて無理!

そもそも竜舌蘭からできている時点でハーブ的なものと推して知るべしだった。が、氷+グレープフルーツジュース+炭酸水で割るとおいしくなってきた。グレープフルーツと合わせて飲むと、テキーラが果実の青み役になるのでグレープフルーツをまるごと飲んでるようなみずみずしさがある。それは苦味でもあるのである程度鈍感になった大人向けだと思う。

冷凍すると草っぽい青みは少なくなるらしいのでやってみたいがなかなか億劫だ。くささに慣れてない頃、メキシコ料理とあわせて飲んでみたらまあテキーラがくさいとか言ってる場合じゃないほどタコスがスパイシーでもうびっくりした。だから自分のくさい許容ラインが引き上げられてテキーラに慣れることができたのかもしれない。常飲するほどではないが、味のクセは悪くないので忘れられずにまた買ってる未来が見える。

調べると安いテキーラは混ぜ物が多いらしい。飲むなら純度の高いテキーラがいい!!が、今回買ったクエルボはどの程度どうなのかがよくわからなかった。なので次回はサウザブルーを買ってみたいと思う。

マジ歌ライブ2020に行ってきた

f:id:kzmtkwn:20200214180445j:plain

いつもみてるゴッドタンがそこにあって感動した


ゴッドタンのイベントに初めて行ったので、集まってる全員がゴッドタンを好きな人というのに驚き嬉しかった!思えば友達とゴッドタンの話をしたことはない。若者多めで視聴者層なのかお笑いファンなのかEXIT追っかけなのか配分はわからないままだった。

18時の開場予定が20分くらい押して入場。ドラエグのお花立派で笑った。

f:id:kzmtkwn:20200214185030j:plain

CMいつもみてます

 

前説でやってた佐久間さんの前説ナイトニッポンがド直球で掴まれて良かった。船長が話し出した時の反応の速さでリスナーが可視化されるという貴重な体験もした。ラジオそのままに前説で嬉しいね。やはり船長はファンサがわかっている。ジョイマンの前説も最高だし初手からサプライズが強い。2歩3歩チンポ好きなのでみれて良かった・・・。遠くからでもジャンプの高さがよくわかったし、ステージがでかすぎて「何だこいつーー!」てなるまでに移動の時間がかかってて笑えた。

 

本編は怒涛すぎてうまく思い出せない。順不同で思い出し書き。

ヒムコはピンクのぴっちりレオタードがダンスのキレとぽっちゃりラインをすごく表現していて見応えがすごかったし、大竹マネージャーが花道ステージではじけまくってたのがMVPだったし、岩井の歌は普通に良いんだよなあ~!からの覚醒澤部で仕上がり異常なうえにフジモン!?びっくりと笑いが度を超えて楽しいが過ぎた。

AMEMIYAのニューハーフヘルスの続編も良かったしルーシーのLEDが遠くからでもはっきり光ってて面白すぎた。Wi-Fi Fi Fi Fiからのコールアンドレスポンスが長いし全部ダサくてパソコンコンコンコンでもう笑って声出せなかった。

LAコブラウツボが好きだから聴けるだけで嬉しいのにキリショー!なぜ!『女々しくて』もやってくれてバカ上がったが上がりすぎて登場の辺りもう記憶にない。EXITは前説からフリがあっただけに出てきただけで歓声が出てしまった!ひとりの鶴ちゃんのステージクオリティよ・・・と思ったら松丸の邦ちゃんでもう無理だった。ダンスも上手で芸達者すぎる内容はド下ネタだし見直したいのでブルーレイを予約した。

www.hmv.co.jp

 

当たり前だけど現場じゃないとわからない面白さとか興奮とかってのが確かにあって、ルーシーの輝度とか秋山の声量とかEXITの華とか。。↑の感想では楽しい面白いしか書いてないけどライブの完成度がとにかく高くて、『楽しむ』に特化した仕事をしている人に対して尊敬しかないです。テレビをみてるといじったりいじられたりする芸能人に親近感を抱いてしまうけど、たまにはこういったプロの仕事をお金出してみるのが大事なのかなと思った。

 

思い返せば横に座っていた女の子がゲラ過ぎ&彼氏と常時手つなぎでお笑いをイチャつきの肴にしてやがったのがなにくそだった!

 

【Netflix】『ドロヘドロ』がすごい

原作未読。予備知識なし!サブカル的に有名な漫画で・昔から連載していて・完結したのかな?程度の私ですが、かなり楽しめる。

 

トカゲ頭の男・カイマンの過去を探るシンプルなストーリーに、コッテコテのキャラクターと世界観が満腹すぎるほど展開されている。夢中になっています。

本編をみててまず思うのは、昔のアニメのような質感の映像になっている!ということ。作画の緻密さと正確さももちろんすごい!けど、まるでAKIRAみたいなlainのような・・・セル画の質感が最高に合っている。Vaporwaveっぽくて逆に新しさすらまである。めちゃかこいい。

 

キャラクターもかなり角が立ってるのにみんな可愛い。個性の塊。でいてイヤな奴がいない。(まだまだ序盤の話ではあるが!)カイマンとニカイドウの相棒関係も気持ちがいいし、心と能井のおちゃらけ強キャラ感も今後の展開が楽しみになる。特に私は能井が気になる。ああいう「センパ~~イ!」なキャラに小林ゆうの声が合う合う。「じゃ、殺(ヤ)りますか」みたいなセリフと言い回しが厨二でクサッとなりそうなんだけど、作画と世界の圧倒的説得力でかき消されるので不思議な感覚だけど面白い。先輩の心も、素顔をみるたびに「かわいい顔してるわね!」と毎回好意を重ねてしまう。指にある2つの切断痕の線が過去、激闘を生き抜いた猛者をよく表していて好き。能井が治したんだねえらいね、脳筋のヒーラーが新しくて良い・・・。

ニカイドウが占いで「心臓に殺される」と言われていて、「ああ〜〜〜終わったあの2人に殺されるんだきっとカイマンをかばって死ぬんだ」と悲しい気持ちになったけど、蘇生できるキクラゲが出てきてから「しかしこいつがいれば・・・」なんて思ってしまうので今後はまじでわからん。ニカイドウは心臓病になるのかもしれん。5話までみて、ニカイドウは魔法使いで早くからホール生活だけどあっちの世界にも通じてることがわかった。どんな魔法使いで・どのくらい強くて・がわからないけど、、どうしても「カイマンに早く言えばいいのに」と思ってしまう。カイマンが抱いている魔法使いへの憎しみ度合いがいまいちピンときてないので的外れなんだろうけど。でも人をちゃんと中身で判断できるようないい人だと思うんだけどな、カイマン。

 

ドロヘドロ』が面白いのはもちろんだけど、アニメが映像として魅力的な作品になってるのがすごい。ファンは泣いて喜ぶんじゃないか??あまり評判は聞かないけど、、(ネタバレ絶対みたくないので検索できない)

ドロヘドロ(1) (IKKI COMIX)

ドロヘドロ(1) (IKKI COMIX)

 

 

歯医者で作ったマウスピースに感動している

1週間と5000円ほどかかったけど、その価値は計り知れない。

 

まず着け心地が最高に良い。

自分の歯型をとって成形しているから当然なんだけども、パカッとはめると気持ちがいい。奥歯から差し込んで前歯でぴったりはめる。大きすぎず小さすぎない適度な厚みが上の歯を包む。若干出っ歯気味になるので上唇が物理的に前に出てしまう違和感もあるけど、まったく問題はない。ずっとつけていたくはないけど寝る前のゴロゴロしてる間につけてもいいかな、程度に違和感はない。すぐ寝れるのは元々寝つきがいいだけだからそこはあんまり変わらない。

 

歯ぎしりの音がしない(らしい)。

私は自分で聴くことができないけど、マウスピースをつけて寝た日は100パー歯ぎしりの音がしないらしい。マウスピースをつけてギリギリ噛んでみると摩擦がかなり軽減されているのがわかる。歯ぎしりは歯同士がぶつかる音じゃなくてお互いに噛み締め合うことで出るキュリッというイヤーな音。マウスピースつきでも若干聴こえるけど、口を閉じているからほぼ無音になる。助かった。

 

市販のマウスピースは何だったのか。

ドラッグストアで偶然見かけた市販品を買ってみたこともある。完全に失敗した。お湯に本体をつけてから歯に装着して形をとるとのことだが、これがぜんっぜんできない!ガチガチのまま形も整わないで口元ガバガバさせるのがなんとも苦痛だった。これが原因で歯医者に行こうと思ったわけだから、まあ、憎み切れないけど金の無駄だった。

f:id:kzmtkwn:20200214180018j:plain

左が歯医者でつくったやつ右が市販のやつ

 

あとはいつまで持つのかが気になるところである。

ミュゼを解約したお金でブラウンの光脱毛器を買ったら良かった話

脱毛サロンといえばミュゼ。(今でもそう?)

musee-pla.com

26歳の頃、「脱毛はできるときにするべきだ」と思い立ち十何万円するコースを契約した。部位はVIOとワキ。ワキは無料でついてきた。これまでそんなコース契約を組んだことがないので末恐ろしくなったのを今でも覚えている。

 

施術の前日にはセルフで脱毛箇所の毛を剃る。「電動カミソリがいいですよ~」とミュゼオリジナル品を売りつけられたけど、amazonで買ったパナソニック製がとても良くてここの判断は我ながらナイスだった。

↑フェイス用だから刃が小さいけど、こまめにケアできるので施術当日にできるだけ剃り残しがなくなる。特にVIOなんてザックザック扱っていい箇所ではないので、フェイス用サイズが向いていたんだと思う。何回かの施術中に「O部分はこちらでやるのでケアしなくても大丈夫ですよ~」と言われびっくりした。

(そういうもんなの・・・?!でもある程度自分でやりたい)

 

施術自体は痛いでしかない。輪ゴムでぱちっと、というレベルではない。毛根をつたって毛穴までビリビリ!とくる痛さ。いかずち。不思議なものでつらいのは初期だけ、毛が細くなってきたワキではまったく痛くなく効いてんのか疑うほどだった。逆に、VIOはしぶとく太いまま。何回施術をしても痛みの度合いが変わることがなかった。いつまでも痛い施術が段々怖くなり、いつからか自分はまな板の上の鯛と思うようになった。(体がビクッ!ってなるあたり)痛みを弱めることもできたけど、そうすると効果も弱くなるみたいでお姉さんにお願いしても若干渋がった(ように見えた)のが悲しかった。

(私の毛が太いままなのがいけない)

 

施術が痛くてつらい!というのが大変だったけど他にも不満はあった。アプリで予約をとるんだけど、土日祝は激戦区で来月・再来月の予約をするような状態。都合のいい日にキャンセルが出てもすぐ埋まってしまう。予約が取りやすい状態とは到底言えなかったし、終わるまでの途方のなさを感じた。

 

と恨めしいことを言ったもののワキ脱毛の効果は確実にあった。毛が細くなって生える間隔がぽつぽつになったので、遠目から見れば全然気にならない。でもいつまでも変わらないVIOにしびれを切らしたのでミュゼを解約した。残り回数分を返金してもらい、4万弱を持ってセルフ脱毛器を購入。

使ってみると、痛みは似たようなもので効果の手ごたえもあるし、なにより自由にできるっていうのが良い。これなら先に光脱毛器買っとけば良かった・・・というわけでもなく、ミュゼに通っていたからスムーズにセルフケアできているんだと思う。ミュゼで施術中にアイマスクを何重にもかぶせられた経験があるから「目は絶対に保護しないといけないんだな」とわかるようになった。事前・事後に患部をよく冷やすこと。等々。

 

脱毛器を持っていれば指毛、足毛、腹毛いたるところを自分で処理できる。美容脱毛は永遠に無毛というわけでもないそうだし、安価で毛を抑えるなら手間のかかるセルフ脱毛が落としどころなのかな?と思う。

 

その次に立ちはだかるのは『定期的に自分でケアできるか』という問題。なので、行っちゃえばどうあがいても施術してもらえるサロンは唯一無二の価値があると言える。ジムと同じ。私にとっては、サロンで良い思いができなかったので『好きな部位』を『好きな時間』に施術できるセルフ脱毛が合っていたと思っている。