Go To コロナ!

今年始めから催されてるコロナ禍、7月になってもまだまだ続いている。会社は休業にならないものの運が良く体調は良いです。飲み会、外食はまったくしてない。ヘルシオと食洗器のおかげが過ぎる。

 

前回のコロナ日記

kzmtkwn.hatenablog.com

 

アベノマスクは来たものの、使わないので開封せず。10万円が配布されるらしいけど、まだ支給されず。私より1週間前に申請した夫は振り込まれていたと。入籍して名字変わったから遅れているならマイナンバーってほんとムダ。

 

先週には東京の感染者が200人を超えた日が連続してこれはとても高い数字なんだけど、日本は全国的にGoToキャンペーンをするみたいです。

www.asahi.com

お得に旅行できるらしい。自粛も長く続いてお出かけ欲がたまった頃にこの施策、とても使いたいです。が、世間はコロナまっただ中で収束の気配は全くない。緊急事態宣言は出なさそうだし、休業要請もふわふわしている。

観光施策なんてしてる場合か!と言われるのは当然で、医療関係者とソーシャルワーカーへのケアや病床数の確保などわかりやすくやばいところに何もしていなくないか?と思わざるをえないし、最近は豪雨で激甚災害が起こってるのでほんと、コロナもあるのに何重も苦しい。

 

news.yahoo.co.jp

今年はオリンピック開催予定だったし、インバウンドで爆発的に稼ぐために準備してきたから収入がないのは致命的なんだろう…。そもそも日本自体がインバウンドに依存していたし、オリンピックは一応やるつもりらしいから交通・観光関係が死ぬともうどうにもならないっていうのもあるんだろう。

というのが自分で考えられる限界で、観光業界は巨大すぎて単純にホテルや観光地だけの問題ではないこと。観光に紐づく農家や設備、土木関係にも影響があることを思うと、観光業界の利権で税金がドブ金で…とかそういうことでもないんだなあと。

確実に言えるのはたくさんのお店や会社がなくなって、仕事もなくなって働き手もなくなる。Go Toすることで一時浮かれ気分になってもまやかしで、自分がコロナに罹るかもしれないし、その場所にはもう二度と行けなくなるかもしれない。今までの生活に戻ることは不可能なんだというのはショックだし、日本は柔軟に変わることができない国だから、なんというか「これはしょうがないことだ」と言って縮んでいくんだと思う。

 

未曽有の疫病に対して、人も死なず経済も死なず成長していく選択は存在しない。何かを切って捨ててその時できることをしていくしかないのがwithコロナなのであれば、こんなひどい話はない。 

一方で行動を決める一人一人はこの人のように命の覚悟を持って出かけていく。

新型コロナウイルス感染が広まってから「命は何より大事」という言葉をたくさん聞いた。

私には命より大事なものがある。というか、命は生きるための装置であってそれ以上ではないと思う。

私にとって生きるとは、推しを見て、解釈して、覚えることである。

何をしているときが一番幸せですか?という質問に、食べるとき、寝るとき、と答える人が日本には多いらしい。私は推しのことを見ているときが幸せ。それが生きるということだし、つまりここ4、5か月は生きていなかった。

anond.hatelabo.jp

人生を好きに生きる権利と疫病対策は両立できない。出かける人たちが「死んでもいい」つもりでいるなら、それは誰も止めることができない。